人気ブログランキング |

タグ:チョウゲンボウ ( 24 ) タグの人気記事

Marshall TrackPack Mounting System の装着のご依頼が増えています

Marshall TrackPack Mounting System の装着のご依頼が増えています。

STOOPERでは、トラックパック(バックパック)販売のほか、猛禽へのトラックパック(バックパック)装着を行っています。
昨日もお客さまがお越しになり、
今週4羽目のトラックパックを装着しました😁

今日はチョウゲンボウに着けたのですが、
鳥が小さいとトラックパックのSサイズを着けたくなりがちです。
ただ、Sだとプレート全体が小さいだけでなく、
キャッチの穴も小さいため、
マイクロのような細軸以外は装着がとても困難になります😅

そんなわけでストゥーパーではMを推奨しています。
我が家のパーリンもMで快適に使えています!😊

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

STOOPERでは、トラックパック(バックパック)販売のほか、猛禽へのトラックパック(バックパック)装着を行います。
テレメを装着する方法としてテールピースやトラックパック(バックパック)が有名ですが、
トラックパックの方がフライト時にテレメが落ちてしまうリスクも低く、また換羽にも影響されません。

ただ、トラックパックの装着や調整にはコツが必要で、
うまくフィットしないと鳥が嫌がって外してしまったり、羽ばたきづらくてフライトに影響が出ます。
きつ過ぎず、ゆる過ぎずの微妙なバランスがとても重要です。

安心、安全なフライトを楽しむために、
トラックパックの装着はぜひストゥーパーにご依頼ください😊

※取り付け料金等の詳細は以下のリンクをご参照ください。

※テールピース取り付けや、鈴の取り付け、アンクレット交換などもご要望に応じて行います。







c0132048_11114895.jpg





by biker-vet | 2019-07-08 11:21 | 猛禽用グローブ・フード | Comments(0)

チョウゲンボウ幼鳥の保護

c0132048_15465150.jpg
6月初旬の土曜の夜のこと。埼玉で動物病院を開業しているR先輩から久しぶりの連絡が。

「チョウゲンボウの幼鳥が脚を骨折して動物病院に運ばれてきたのだけど、鳥は普段診ないし、ましてや猛禽だし…」
という中で、私を思い出していただけたらしい。

小さな猛禽は1日食べないだけで命取りになることもあるし、ましてや巣立ち直後なら、体重が下がっていることが多いため
早めに栄養価の高いものを与える必要があると判断して
まずは翌日、病院まで餌を届けに行くことに。

翌日までの間に色々と調整を試みた。

チョウゲンボウ骨折整復手術は保護してくれた動物病院のR先輩(院長)に

骨折が治った後のリハビリは小鷹トレーニングに精通している鷹匠のKさんに

行政との調整は、大動物獣医師で鳥獣保護員かつ鷹匠でもあるO先生にご尽力いただいた。
みなさん、骨折りなことを快く引き受けてくださった。


チョウゲンボウの幼鳥は、相当痩せていたけれど、R院長の適切な麻酔と手術で骨折は治り、様々な手続きを経て、Kさんにリハビリが引き継がれた。
c0132048_15594710.jpg

いま、少しずつ野生復帰に向けたトレーニングを進めていただいている。

STOOPERからは、リハビリトレーニングに欠かせない『チョウゲンボウ用フード』をKさんに提供させていただきました(^^
c0132048_15531581.jpg

野生猛禽は、単に保護・治療するだけでは野生復帰させられない難しさがある。
それは、狩りができるようにするためのリハビリが必要なことが挙げられる。
それには鷹匠の知識と技術が必要となってくる。

今回は比較的、連携がうまくいったケースと思うけれど、
実際は、連携がうまくいかず、
不適切な管理下で復帰できなくなったり、死んでしまう野生猛禽も少なくない。

野生復帰のためのしっかりとした飼養リハビリをしてくれるファルコナー仲間を増やして、
なるべく野生復帰率を上げられればなぁ…といつも思ってます。



Wild juvenile kestrel with bone fracture was rescued and brought to the animal clinic of my senior vet.
After the surgery, falconer friend Mr. Kaneko accepted its rehabilitation to back to wildlife.


by biker-vet | 2018-08-19 16:01 | 野生動物・リハビリ | Comments(0)

STOOPER グローブ「鳥獣戯画」 kinran -chouju-Giga-

STOOPER 金襴 -鳥獣戯画-
STOOPER kinran -Chouju-Giga-

Choju-giga is most oldest Manga in japan.
Frog and rabbit are playing Sumo wrestling.
This pattern is preffered by men and women of all ages.

日本最古の漫画と言われている「鳥獣戯画」の金襴です。
うさぎとかえるが相撲をとったりして戯れる様子がコミカルに描かれています。

この鳥獣戯画のパターンは、多くの方が好まれます。
女性ファルコナーや、チョウゲンボウなどのスモールファルコンを飼われている方からも人気ですが
鹿革の色によっては、とても大人っぽい仕上がりとなったり、
いろいろな個性が楽しめる柄です。

2018.2.18
Kinran -Chouju-giga- White 
c0132048_16164883.jpg
c0132048_16170082.jpg
鳥獣戯画を白の鹿革と合わせて。
洗練された大人っぽさと、少しの愛嬌がのバランスがとても素敵です。


2017.3.28
Kinran -Chouju-giga- Bordouex 

エンジと鳥獣戯画。グローブとフードをお揃いで。
フードはコミカルなアイパネルに相反して、
凶悪なモヒカンスタイル!
c0132048_07361105.jpg

c0132048_07372540.jpg
c0132048_07371305.jpg

c0132048_07365796.jpg

2017.1.29
STOOPER Kinran glove & Inden hood for Utah Sky Trials's prize

c0132048_2385390.jpg

http://www.utahskytrials.com/2017-awards/

これまで二度観戦に行ったハヤブサの競技会、ユタスカイトライアル。
千隼がもう少し大きくなるまで行くのは我慢。
ただ、歴史ある素晴らしいイベントに少しでも協力したくて、
グローブとフードを賞品として送らせてもらった。
気持ちだけでもユタに...
c0132048_2392398.jpg

c0132048_2393954.jpg




2016.6.27
deer skin color: moss green
c0132048_12522558.jpg

c0132048_1252381.jpg


deer skin color: purple
紫の鳥獣戯画。
アメリカチョウゲンボウ用に・・・と、フードとセットでご注文いただきました。
c0132048_12533891.jpg

c0132048_12534781.jpg
c0132048_12535432.jpg


deer skin color: bordeaux
こちらのボルドーの革も良く合います。
血がついてもあまり目立たないというメリットも。
c0132048_12544294.jpg

c0132048_12552356.jpg



deer skin color: uguisu
このうぐいす色の鹿革ともよく合います。
c0132048_1256844.jpg

c0132048_12562429.jpg


deer skin color: blue
澄んだ青の鹿革と。
c0132048_1359366.jpg

c0132048_13591627.jpg


鳥獣戯画。どの鹿革とも合いやすく、でも色によって違った個性が出る、とてもおすすめの柄です。

Falconry Equipment STOOPER
http://www.stooper.jp/

by biker-vet | 2018-02-19 16:10 | 猛禽用グローブ・フード | Comments(0)

STOOPER Three Finger collection

STOOPER Three Finger collection 

Three finger gloves are for small falcons and owls.
It has been receiving good reviews.

多くの方にご好評いただいているSTOOPERスリーフィンガーグローブです。

アブダビ で開催された狩猟・乗馬展示会ADIHEXでも、アラブの方、アメリカやヨーロッパの方々にも非常に好評で、まとめてお買い上げいただいたりしました。

フクロウやスモールファルコンのオーナーさまのみでなく、中型のハヤブサでもお使いいただけます。

お気に入りの色、お気に入りの柄が見つかりましたら、ぜひご連絡ください。

もちろん、他の柄、他の色で作ることも可能です。メール(hotmail)、もしくはお電話にて お問い合わせください。

Falconry Equipment STOOPER
http://www.stooper.jp/

《New works for ADIHEX 2017》
1.STOOPER three finger glove -Dragonfly- dark blue

「チョウゲンボウ」と「トンボ」の深い関係

『語源は不明だが、吉田金彦は、蜻蛉(トンボ)の方言の一つである「ゲンザンボー」が由来ではないかと提唱している。チョウゲンボウが滑空している姿は、下から見るとトンボが飛んでいる姿を彷彿とさせることがあると言われ、それゆえ、「鳥ゲンザンボー」と呼ばれるようになり、いつしかそれが「チョウゲンボウ」という呼称になったと考えられている。』
(wikipediaより)
チョウゲンボウの語源の由来は数々あるけれど、トンボのように見えた鳥というのはなんだかしっくりきます。
蜻蛉柄の印伝を纏ったグローブ、フードは、チョウゲンボウやマーリン(コチョウゲンボウ)にぴったり!


c0132048_10530676.jpg

c0132048_10531021.jpg
c0132048_10531452.jpg
2.STOOPER three finger glove -Dragonfly- brown
いぶした茶革はどんな印伝ともベストマッチ。
c0132048_10531778.jpg



3. cherry blossom
赤い鹿革をベースに濃紺の小桜印伝と紺のベルト。
個人的に大好きなこの配色。

印伝「桜」 は日本を代表する柄のひとつ。日本人のみならず多くの外国人にも非常に好まれています。
c0132048_06583762.jpg


c0132048_06591392.jpg


c0132048_14310903.jpg

c0132048_14312501.jpg

1. Cherry blossom /brown-black
印伝「桜」 日本を代表する柄のひとつで、日本人のみならず多くの外国人にも非常に好まれています。
c0132048_1256687.jpg


c0132048_12562292.jpg



2. Lion /bordeaux-beige
印伝「獅子」 どこかコミカルな表情にも見えるこの特徴的な獅子の印伝。比較的珍しい柄かもしれませんがSTOOPERの作品にはなくてはならない柄のひとつとなっています。
c0132048_1257257.jpg


c0132048_12573675.jpg



3. Lion /blue black-biege
印伝「獅子」
同じく獅子の柄。紺色の鹿革と。
c0132048_12575581.jpg

c0132048_1258625.jpg


4.Dragonfly /bordeaux-beige
蜻蛉は後ろ向きに飛ばないことから、前進あるのみ の潔い心を示すものとして「勝ち虫」と呼ばれ戦国武将にも大変人気の柄でした。
c0132048_1303822.jpg

c0132048_130524.jpg


5.kikko / blue black-biege
亀甲は、災いから身を守るおめでたい柄です。
何年使っても飽きの来ない美しい模様です。
c0132048_09030653.jpeg

c0132048_09032839.jpeg



by biker-vet | 2017-09-20 11:00 | 猛禽用グローブ・フード | Comments(0)

Merlin Lureing


半年前のマーリンのマーコのルアーリングを久々に見返したら
めちゃくちゃかっこよかった。



マーコには今年の冬も、こんなフライトを見せてほしい。
今は たらふく食べて 良い羽根を生やしてね。


何度も出すけど、今はこんな。
c0132048_8182329.jpg



だんだん、蒸し暑くなってきました。
鳥たちの脱水や、熱中症対策に気が抜けない季節がはじまりました。

水桶をハヤブサたちが常に入れる場所に置いておくのがベストですが…
自分から水に入らない子もいるし
霧吹きで まめに水浴びさせるように気を付けてはいます

そして
エアコンは、ケチるな!
旦那が毎夏、口をすっぱくして言う台詞。

そうはいっても気になる電気代。なので、思い切って
省エネ効率★★★★★
のエアコンを買ってみた。

新しい家族が流星のようにやってきて、食費やら水道代やら右肩上がりの我が家なので
ニューエアコンのお財布への優しさに、期待。

「新しい家族」の話はまたこんど。。。
c0132048_22483128.jpg




Falconry Equipment STOOPER
http://www.stooper.jp/
by biker-vet | 2014-06-10 22:53 | ファルコンリー(鷹匠) | Comments(0)

雛たちに会いに 猛禽屋

c0132048_23405833.jpg


前回ゴンが具合が悪いと書きましたが おかげさまで いまは元気になりました。
心配してくださった皆様ありがとうございました。
本当に一時的に体調を崩していただけのよう
換羽が始まる時期は 猛禽は体調を崩しやすいようです 
じつはライカも 換羽がはじまった4月に数回体調を崩していました
換羽期にはとくに注意しつつ おかしいと思ったら様子見せずに病院に行くのが良いですね




梅雨と思えない快晴の昨日、久々に猛禽屋に遊び行きました
朝4時半起きで猛禽屋へ向かい、早朝のハヤブサトレーニングを見学させてもらいました
c0132048_20461734.jpg
c0132048_20461559.jpg

ハヤブサが飛ぶ姿を見るのは、それだけで気持ちが良かったです



この時期の猛禽屋は たくさんの猛禽のほか、たくさんの雛たちに会える 特別な楽しみがあります
c0132048_20462910.jpg


私はペレ×チョウゲンボウのこの子にメロメロでした
c0132048_2046451.jpg
c0132048_20463960.jpg

子どもの頃のシンを 思い出しました

c0132048_20472034.jpg
c0132048_20473894.jpg
c0132048_20473415.jpg

アプロマドファルコンの雛と一緒に
良く食べ 良く遊び 良く寝て…
元気にたくましく成長してほしいと 心から思いました

みんなでいろんな話をしながら、その合間にトレーニング
c0132048_20463279.jpg

c0132048_21345275.jpg

c0132048_20465063.jpg
c0132048_2047697.jpg


c0132048_20471735.jpg


ここにくると、元気をもらえます
たのしい時間をありがとうございました



Falconry Equipment STOOPER
http://www.stooper.jp/
by biker-vet | 2013-06-02 21:22 | ファルコンリー(鷹匠) | Comments(0)

シンが天国にいきました

シンが天国にいきました。
別れは突然来ました。

飼っていた私たちの責任です。
私たちがシンの命を奪いました。

ペレグリンのライカに襲われたのです。



その日は、夫婦ともに夜遅くなりました。
玄関を開けるとすぐの場所に居るはずのライカが居ませんでした。


ライカの場所から一番離れた窓際の、シンの傍らに ライカがいました。
いつもと同じような曇りのない眼で私たちを見ていました。

でもそのいつもの場所に、もうシンはいませんでした。
部屋には、羽根がたくさん散らばっていました


ライカにはもちろん、フードをかけていました。それが外れていたことはいままでありませんでした。
でも なんらかの原因で外れたのだと思います。
ライカは、パーチをひきずって 狭い隙間や他の鳥たちの間をすり抜け、シンのところまで行ったのです。
いろいろな状況から、シンが襲われたのは私たちが帰る少し前だったと思います。

その日の朝、ライカに餌を食べさせていれば
あと10cm、バリケードをずらしていれば
ライカのフードにストッパーを付けていれば
ライカのパーチを動けないくらい重いものに変えていれば
あと2時間帰ってくるのが早かったら
クーラーのある部屋に一緒に置いておかなきゃいけない夏場でなかったら

シンを守ることができていたかもしれない。
あとほんのちょっと気をつけていたら シンは死なずに 今も元気にしていただろうと思うと、悔やんでも悔やみきれなくて
自分が許せません。


シンは 私にとって初めてのパートナーでした。
ヒナの時から一緒に暮らしました。
一番大切な家族でした。

シンは素直で、無邪気で 
いつもそばにいてくれました。特別な存在でした
私のことを親のように慕っていました。
私も、自分の子どものように思っていました。

友達の家や旅行や釣り、いろんなところに一緒に行きました。
結婚パーティーも一緒に行いました。
グローブを見せればいつも飛んできてくれました。グローブの上ではふっくらとくつろいでくれました。
ルアーリングのトレーニングもたくさんしました。
飛んだあとはとても清々しく凛々しい顔をしていました。

ロストしてしまった時も5日間生き延びて還ってきてくれました。
小さな体のシンから たくさん与えてもらいました。
一生大切にしようと思っていました。


でも、私は、そのシンに、恐怖と痛みを与えながら死なせてしまった。
シンを守ることができなかった。
バラバラになったシンの亡骸を抱きしめてあげることも 片づけてあげることすらできませんでした。



今は、あの状況を思い出してしまい 家に一人で帰ることができません。
シンのその時の状況を想像して、食事も喉を通らないし、死にたいと毎日思います。

でも私が死んでも、何にもならないし、シンも望んでないと思います。



私はシンを診てくれて何度も命を助けてくれた先生に、シンを死なせてしまったことを告白し謝りました。
先生は、
「そういう事故は本当に多いよ、良く聞くよ。猛禽ていうのはそういう生き物だからね。」
と言ってくれました。
同じことが起きないようにすること、伝えていくことが大事だと教えてくれました。


私は、同じような事故で命を落とす鳥がいなくなってほしいと思います。



シンの居ない毎日は、とても不安定で 心が前向きになれないでいます。
立っていられないときもあるし、すべてから逃げたい時があります。
ライカたちが食餌しているのを見るのも苦しいです。
いまも涙が止まらない 弱い自分も厭になります。

でも、これから先も、この気持ちを抱えながら、シンが教えてくれたことやシンと一緒に学んできたことを、これからに生かしていくことでしか 償いはできないと
夫が言います

私もそれしかないような気がします

だから、時間がかかるかもしれないけど、これからも書いていこうと思います。



シンの柔らかい胸の羽根、手に飛び乗ってきた時の重み、私を呼ぶ鳴き声を、一生、忘れません。

シンの足環は私のネックレスに付けて、いま胸元にあります。
シンが近くにいてくれるようで、すこしだけ安心します。


シンを愛してくれた皆さん 本当にありがとうございました。


c0132048_916657.jpg

by biker-vet | 2012-09-23 09:50 | ファルコンリー(鷹匠)

Utah Sky Trials 2011 伝説のアル・ロス

2月のユタ・スカイトライアル旅行記
今日はマーリン・ミートの記事です。
みんなで集まって、スモールファルコンで狩りをしようという
私たちが楽しみにしていたイベントのひとつです。

日本で、スモールファルコンの狩りを見たことはほとんどなかったから
一度は見てみたいと思ってたんです。



Merlin Meetについては、ホームページ上には

『みんなでロビーに集まって、近くにハンティングに行きましょう~
飛ばしたい人はマーリン連れてきてね。』

のようなすごくアバウトな内容しか書いてなくて
「当日どんなかんじなんだろう…」

と少々不安でしたが
実際
旦那の記事に書かれているように
ゆる~い感じ でした。笑

詳しくはこちら(2本立て!)
Utah Sky Trials 2011⑤『アル・ロスの禅問答』

Utah Sky Trials 2011⑥『マーリンのハンティング』



来たい人が適当に集まって、適当に狩りにいこうー
みたいな感じです。

すでに皆顔見知りが多いようで、メールや電話で連絡を取り合える仲なんでしょうね

まさか日本人が日本から来て参加するとは思ってなかったのでしょうね。

そんなかんじの内輪な雰囲気だったので
最初は輪の中に入れずにいましたが
一緒にいる時間が増えるにつれて、だいぶ打ち解けてくることができました。


Merlin Forum →「アル・ロスと、マーリン、アプロマド、マイクロファルコンについて色々と議論しましょう!」

というものがスカイトライアルのホームページに載っている。


アル・ロスはスモールファルコンの世界ではすごい有名なんだと
日本にいるときから メールで伺っていました。
それで
どんな人なんだろう…と
日本にいるときから 期待していた。

c0132048_8175379.jpg


実際は、とても優しそうなおじいさん。

c0132048_818730.jpg



でも、マーリンを扱う姿は さすが「legendary Al Ross」(伝説のアルロス)

c0132048_8232578.jpg

c0132048_8281658.jpg


使いこまれた道具、鳥の扱い…そのすべてがかっこよかった。
c0132048_8291470.jpg
c0132048_8292239.jpg



こんなかっこいいおじいさん、なかなか いないです。


そして 多くのファルコナーが、アル・ロスの周りに集まってくる。
そういう魅力を持っていました。
c0132048_8302198.jpg



しかし、このときほど、英語が出来なかったことが悔やまれたことはないです!
みんな、早口だし 多分クセもあるんじゃないかなー
単語がかろうじて聞き取れるくらい。

来年こそは 会話ができるくらいまで英会話を勉強して、
またマーリンミートに参加するんだ!
と誓ったのでした
by biker-vet | 2011-09-07 08:30 | ファルコンリー(鷹匠) | Comments(0)

そろそろ始動

良い天気だった今日は、平日たまった掃除洗濯&鳥たちのお世話。

みんな水浴び 気持ちよさそうでした。
c0132048_2324893.jpg




シンは、ほぼ完治目前です!

粘膜がまだ出る…と言っていた頃 あげていたマウスは
「SPFマウス」ということで売られていたんですが
なんだかにおいもキツイ…色もおかしなときがあるし…

ので、お店を変えてさらに高級なマウスにしてみたところ、
届いてすぐに「あ いままでのと違う」と思いました
見た目がぜんぜん違う。毛並みがツヤツヤ!


それで そのツヤツヤマウスを与え始めたら パッタリ粘膜が出なくなりました。

(まあ、それがエサのせいかどうか、ちゃんとした因果関係はわからないけれど)

今回 毎日のフードの質がなにより大切だってことを 改めて感じました。


あと解凍の仕方も重要だってことを学びました。

falconest伊澤先生に教えていただいたのですが
やっぱり、室温での解凍は、微生物の増加がすごくて
肉を汚染するので
冷蔵庫で時間をかけてゆっくり解凍…がベストだと

今年の夏は特に暑かったこともあり、シンと似たような消化器症状で病院に来る鳥も
多かったよう。


シンは、おかげさまでもう1ヶ月、良い便をしてくれているので
3日前から抗生物質を弱いものに切り替えました

これで再発しなければ、治療終了!です

まだ油断できませんが このまま薬が切れるといいなあ。


チョウゲンボウはアスリートなので
トレーニングしないでずっと安静(つなぎっぱなし)というのも
身体をおかしくする原因になるそうな。

ストレスになるんだろーなー

今ちょっとづつ、ルアーをつかませたり、軽くジャンプアップなど始めてます。
そこまで体重落とさなくても反応してくれてるので よかった(^^


猛禽たちのベストシーズン、これからが本番です。

c0132048_2324318.jpg

by biker-vet | 2010-11-06 23:24 | 鳥の病気・メンテナンス | Comments(8)

シン、さらに検査

しばらく調子の良かったシンですが、容態がまた悪化し
血便が再発しました。

嘔吐は無く、食欲もありますが、先週1回と、おととい昨日、血便が見られました。


抗生物質は、毎日与えていたし、肉も綺麗に処理して気をつかってたのに…

そんなわけで、
診て貰っている病院の院長先生に相談し、糞便をさらに特殊検査に出して細かく調べてもらうことに。

何の細菌やウイルスが悪さをしているかを同定するための検査です。

症状等から、抗酸菌ていう菌の存在も疑われるため、調べることになったのですが、
こいつの有無を調べるのは、培養が難しいためPCR検査
以前にPCRソングを載せましたね、あれです)とのことなんだけど

このPCR検査、かなりお高くて びっくり!!

だいたいこのくらいかなーとか予想してたんだけど、その想像の3倍くらいだった...

これからは贅沢禁止。
頑張って稼がにゃ。


ちょっと前に、赤坂「牛の蔵」にて
ほっぺた落ちる美味さの鹿児島牛を頂いたときの写真を撮っておいて良かった。
これをオカズにして白米を… 
うっうっうっ
c0132048_23194787.jpg




まぁ シンの腸がこんなズタボロの状態でいることは いたたまれないし
健康に、長生きしてもらうことが一番だから。

c0132048_23135796.jpg

 

シンはあまりマウスを与えても喜ばなかったのですが、
そうも言ってられないので SPFマウス(病原菌のいないクリーンな冷凍マウス)も注文しました
食べてくれよー
by biker-vet | 2010-08-29 23:14 | 鳥の病気・メンテナンス | Comments(6)


falconer歴約10年。ハヤブサ・鷹などの猛禽類のfalconryトレーニング、病気・健康管理、野生動物(主に猛禽類)の治療やリハビリのことなど。STOOPERの猛禽用グローブ・フードも紹介しています。http://www.stooper.jp


by biker-vet

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

タグ

(105)
(104)
(64)
(51)
(48)
(35)
(33)
(32)
(24)
(19)
(18)
(16)
(13)
(10)
(10)
(9)
(8)
(4)
(4)
(1)

カテゴリ

全体
ファルコンリー(鷹匠)
鳥の病気・メンテナンス
競技会・イベント
猛禽用グローブ・フード
獣医師
アウトドア
旅行
グルメ
その他
wedding
子宮筋腫
ご挨拶
野生動物・リハビリ
未分類

以前の記事

2019年 09月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
more...

画像一覧

最新のコメント

ご連絡ありがとうございま..
by biker-vet at 21:40
ハリス障害物タイムトライ..
by 田中 at 06:29
コメントありがとうござい..
by biker-vet at 21:12
イッチーさん ルアーパ..
by biker-vet at 07:51
フライトフェスタ参加で御..
by イッチー at 07:44
Naoさん ルアーパス参..
by biker-vet at 22:37
フライトフェスタ参加予定..
by Nao at 11:16
はじめまして。お返事遅く..
by biker-vet at 23:47
いきなりコメント失礼しま..
by 熊谷瞭佑 at 21:40
永橋さん ありがとうご..
by biker-vet at 19:44

外部リンク

お気に入りブログ

傷病鳥獣のリハビリテイタ...
エトブン社 絵草紙 <<...
NO FALCONRY,...
yoshie,8min....
女性犬ぞりマッシャーの日々
kawasemikoの気...
JRF(Japan RA...
ココロフォト
自転車で 行ってきまーす

検索

ライフログ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

動物・ペット
自然・生物