人気ブログランキング |

9月末の真夏日

先週金曜日は、真夏並みの暑さでしたね。
9月末だというのに、温暖化の影響か…晴れ好きだけど、やっぱり不気味ね。


その日は「フクロウが見たい」という友達の要望により
猛禽類ブリーダー&販売をしている猛禽屋さんにお邪魔させていただきました。
タカやハヤブサ、フクロウがずらり。すごい光景でした。



そのあと、学生時代の友人とその子供・るうくに会いに。
るうくはもう2歳。男の子の顔になってました。
間近でみるシンとトミーに興味津々なご様子でした。
「とみー?とみー?」って トミーに話しかけてるの 可愛かったなぁ。


シン&トミーのトレーニングもみんなに見てもらいました。
ルアーへの反応はもうバッチリ。

友人と私との「振り替え」にも、良い反応。

c0132048_2031344.jpg

c0132048_20314584.jpg




暑すぎる日の夕暮れ。霞ヶ浦の見える高台の公園。
単純に気持ちよかった。



次回のトレーニング課題は
「シンがルアーをつかむ直前でルアーを隠す(もしくは掴ませないようかわす)とどうなるか?」
シンは地面に降りてしまうか、それともそのまま飛び続けて旋回してルアーを探すか…
さてさてどうなるだろう。


# by biker-vet | 2007-10-01 20:47 | ファルコンリー(鷹匠) | Comments(2)

またいっちゃった 忍野。

先週に引き続き、今週も忍野へ。
スケジュール的にはやや厳しかったのだけど
今シーズン行けるのは最後ということもあり、無理してでも行こうということに。

前日ほとんど寝ずにフラフラしながらも、早朝4時出発で忍野を目指す。


先週行ったときに味わったあの情景を、今シーズン中にもう一度見たいと思った。
綺麗な湧水と、そこで泳ぐ魚。
仙人やら河童やらこだまやらが出てきそうな、でも怖いとか嫌な感じはなく、
むしろ心が落ち着くあの雰囲気。

そんな雰囲気のせいか、午前中は物凄い眠気に襲われ、
草むらに寝転がった直後に気を失うこと数回…
釣り場なのに釣りもせずに寝ている女は、ハタから見たら変な人に見えたかな。



昼ころから小雨が降り始めた。
雨のせいか、まわりがいっそう静かに感じられる。
先週よりも川に魚は少なめだったけど、
夕方15:30頃には一寸の間だけど魚の活性が高まったようで川の中がにわかに賑やかに。


魚がフライを目で追う様、食いつこうかどうしようか悩んでいる様…
魚も痛い目に遭っているのだろう、学習を重ねて賢くなっているのでなかなか釣れないけれど
そんな川の中の魚との攻防が見える…というのはやっぱり面白い。

c0132048_2085586.jpg





雨で心配だったのは、シンのトレーニングができなくなるんじゃないかということ。
でも夕方釣りを切り上げたときは霧雨のような感じで、
そんなにひどい降りじゃなかったのでトレーニングは行うことができた。


実はこの日、早朝忍野に向かっている最中、シンが車の中で未消化物を戻したので
ちょっと心配ではあった。
まぁ様子を見て、調子が悪そうならトレーニングは無理しないでおこうと思っていたのだけど、
目つきもしっかりしていたし、反応も悪くないので、いつも通りのトレーニングをすることにした。


雨はひどくなかったが、地面はしっかり濡れていたので
ジェスに付けた紐は水分を吸って相当重くなっていた。
シンにとっては相当重かったハズだが、それでもしっかりと、ルアーに向かって飛んできた。
c0132048_2010143.jpg


それだけの筋力は、毎日のジャンプアップ等 地道なトレーニングの賜物だろう。


もうひとつ、嬉しかったこと。
ルアーを掴んだあと、いつもは私に背を向けてルアーについた肉を食べることが多かったのだけど、
この日はルアーをつかんだあと、シンはもう一度はばたき、
私の近くに掴んだルアーを持ってきて、そこで肉を食べ始めた。

タカの類が、人に懐くことはないということはわかっているし、たまたまかもしれないけれど
「嫌だ」と思うところに肉を持ってくることはしないだろうから、
ちょっとは信頼してくれているのかな。


ルアーについた肉を食べているときに手を差し出し、手から小さな肉を与える。
以前は手を出すと咄嗟に羽根を広げて肉を隠そうとしていたけれど、
今はそんなこともなく、手を嫌がっていない様子。

c0132048_20131672.jpg


日々の積み重ねの成果が芽を出しはじめた手応えを感じる今日この頃。
シンの成長に負けないように、私もルアーの振りなどをもっと練習しないとね。

c0132048_20134385.jpg

c0132048_20144664.jpg

# by biker-vet | 2007-09-25 20:18 | ファルコンリー(鷹匠) | Comments(4)

怯えていただけなんだよね。

stooperのお蝶夫人ことトミー。
最近なんだかよい子です。

c0132048_17144781.jpg


前まではパーチから手に移動させる時もいちいちベイトしてバタバタ大暴れしていたけど、
今はそんなこともなくなった。
キャンプなどに連れて行っても、車の中では手の上で大人しくしてる。

先日、軽い角膜炎になっていたので目薬で治療したのだけど、
それでだいぶ信頼関係が深まったのかもしれない。

瀕死の状態を助けたり、病気を治したりすると、訓練が一気に進むことがあるらしい。



もしかしたらこのままずっと懐くことは無いのかなぁ…と私は半分諦めの気持ちもあったのだけど
師匠は諦めずに毎日少しづつ根気よくトレーニングを続けていて
その結果がようやく出始めたのかな と思う。


トレーニングも進んで、ジャンプアップができるようになったとのこと。
普通の鳥よりもトレーニングの進みは遅いかもしれないけど、
それぞれに合わせたトレーニングを続けるということを目の当たりにして
引き際が良い、悪く言えば諦めが早い・根性がない私には勉強になった。



そんなトミーを手に据えながら私が心の中でつぶやく台詞
「怯えていただけなんだよね。」

わかる人にはわかる、ジブリネタ。
さて何の映画のどこのシーンでしょう?
(わかったらジブリ通認定です)


今まで近寄り難かった子がだんだん心を開いてくれるっていうのは嬉しいもの。
シンのとは一味違う面白さが垣間見えるトミーのトレーニング。
これからも見守りたいと思います。

c0132048_17112647.jpg

c0132048_1711362.jpg

【フードで癖がついちゃってオニギリ頭のトミー(通称オニー)】




シンはシンで、ジャンプアップ30回を集中力を切らさずにやったりと、
素直なシンらしく のびのびと成長してくれているのがわかって、それはそれでとても嬉しい。

フリーフライトに向けての準備が、着々と進んでいるように思う。
秋の高い空に舞うシンの姿が見られるだろうか?
楽しみ也。

c0132048_17152538.jpg

# by biker-vet | 2007-09-22 17:19 | ファルコンリー(鷹匠) | Comments(5)

忍野で釣り

週末は山梨の忍野へ。
目的は釣り(見学)。

忍野には、大学時代に研究室の先生に連れられて行ったきり。
たしか水産技術センターに見学にきて採卵とか見た気がするけど。
釣り場に行くのははじめてでした。

c0132048_15445195.jpg

釣りに行く前に立ち寄ったフライショップ「リバーズエッヂ」のローストビーフサンド 激ウマです



川は驚くほど透明で
ゆったりとした流れの中でユラユラ泳いでる魚がよく見える。

夕方や早朝は、水棲昆虫が周りでどんどん羽化して
魚たちが水中で虫を食べている様子も観察できる。
魚ジャンプも眼前で見られること多数。
魚が喜んでるようでなんだかこっちもハッピー気分。



早朝が特によかった。

釣り人がほとんど居ないまだ日が昇り切る前、
朝もやの中の川は本当に幻想的で。


シンも大人しくリラックス。
私は釣りはしなかったけど
シンと一緒に川を眺めてるだけで満足。

c0132048_15482826.jpg

c0132048_155428.jpg

ボケてるけどシン決めポーズ とぅ!




あちこちで繰り広げられているのは、
フライ(水棲昆虫を模した疑似餌)が偽物か本物か見極めようとする魚と
見破られないようにフライを流す釣り人との熱き戦い。

魚とのやりとりが目に見えてわかるっていうのが忍野の特徴とも言えるらしいのだけど、面白い。
c0132048_15531161.jpg




釣りをしている人でも色んな人がいるんだろうけど
忍野で声をかけていただいた釣り人さんたちは皆、やさしい紳士的な印象でした。


「ここでは先月○○cmの大物が出たんですよぉ~」
なんて話す人(←自分が釣ったわけじゃないけど嬉しそう)や

ショップで真剣に道具を選んだり、
仲間たちと喫茶店で情報交換している人たちがたくさんいて

そういう少年のような大人って なんかいいなぁと思う。


魚が釣れたら嬉しいし、釣れなかったらやっぱり悔しいんだろうけど
『釣り糸を垂らすことに意義がある』という言葉を前にどこかで聞いたんだけど
うんうん、そうかもね。

自然の中で野生のいきものとやりとりをするって
それだけですごく贅沢な遊びだなぁって気がしました。

c0132048_15504828.jpg

# by biker-vet | 2007-09-17 16:14 | アウトドア | Comments(4)

★雑誌掲載情報★

9月10日に発売された「自然力マガジン WATER 」という雑誌のp92に、
師匠のことが載っています。

c0132048_21322961.jpg


見出しがこれまた凄くて 
「タカ狂いの生き方」


なんとも漢らしいのだけど
内容は野生猛禽類のリハビリのことも含め、ファルコンリーについてわかりやすく書かれています。

この雑誌のコンセプトは『新しいエコロジーライフの時代へ』なのかな?
エコライフを送っている人の話が載ってたり、
環境に優しい生活の知恵が載っていたりして、
オシャレにエコライフを楽しもう!という感じでとっつきやすくて面白かった。
写真も綺麗です。

是非読んでみて下さい(^-^)

私も早くこういう風に猛禽類のリハビリができるようにがんばろう。
# by biker-vet | 2007-09-11 21:39 | ファルコンリー(鷹匠) | Comments(4)


falconer歴約10年。ハヤブサ・鷹などの猛禽類のfalconryトレーニング、病気・健康管理、野生動物(主に猛禽類)の治療やリハビリのことなど。STOOPERの猛禽用グローブ・フードも紹介しています。http://www.stooper.jp


by biker-vet

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

タグ

(104)
(98)
(63)
(48)
(46)
(35)
(32)
(32)
(23)
(19)
(16)
(16)
(10)
(10)
(9)
(9)
(8)
(4)
(4)
(1)

カテゴリ

全体
ファルコンリー(鷹匠)
鳥の病気・メンテナンス
競技会・イベント
猛禽用グローブ・フード
獣医師
アウトドア
旅行
グルメ
その他
wedding
子宮筋腫
ご挨拶
野生動物・リハビリ
未分類

以前の記事

2019年 05月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
more...

画像一覧

最新のコメント

ご連絡ありがとうございま..
by biker-vet at 21:40
ハリス障害物タイムトライ..
by 田中 at 06:29
コメントありがとうござい..
by biker-vet at 21:12
イッチーさん ルアーパ..
by biker-vet at 07:51
フライトフェスタ参加で御..
by イッチー at 07:44
Naoさん ルアーパス参..
by biker-vet at 22:37
フライトフェスタ参加予定..
by Nao at 11:16
はじめまして。お返事遅く..
by biker-vet at 23:47
いきなりコメント失礼しま..
by 熊谷瞭佑 at 21:40
永橋さん ありがとうご..
by biker-vet at 19:44

外部リンク

お気に入りブログ

傷病鳥獣のリハビリテイタ...
エトブン社 絵草紙 <<...
NO FALCONRY,...
yoshie,8min....
女性犬ぞりマッシャーの日々
kawasemikoの気...
JRF(Japan RA...
ココロフォト
自転車で 行ってきまーす

検索

ライフログ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

動物・ペット
自然・生物