タグ:獣医師 ( 28 ) タグの人気記事

トレーニングシーズン(冬季)の脱水、体重管理について(2015年 update)

2016.12.1
狩猟シーズンに入って4〜8週目には、体調不良が多く発生します。
気温の低下により急激に体調悪化につながる場合があるので、特に注意が必要です。
また猛禽類のうち特に若鳥、病鳥、投薬中の鳥には毎日水を与える必要があります。
水を飲むことが少なくても常時手の届く場所に新鮮な水をおいておきます。

<体調不良>(猛禽類、ハト、水鳥マニュアルより)
「飛行体重」を維持している猛禽類のほとんどは食事制限を受けている。
そのため身体は痩せており、獲物を追う強い動機を持っている。
突然治療が必要な状態に陥ったように見えるが、実際はもっと長い間、全身性の異化が生じており、エネルギーが残っていない。
気温の急激な変化によりしばしば体調が悪化する。
早期発見が不可欠であり、放置すれば2〜3時間の命しかない場合がある。

***********************
2015.12.1
人間界では インフルエンザやノロウイルスが流行り始めました
自分たちの体調管理に気を付ける…だけでなく 
鳥たちの体重管理も よりこまめに体重を測るほうが安心です。
とくに小さい鳥は、寒い日は、体重が想像以上に減っていることがあるので
体重計で測るだけでなく、必ず胸筋を触って、肉色を確かめる方ことをオススメします

それら体重や食べた餌の量、糞の状態など、
いわゆるカルテを作り毎日記録に残すと、些細な異常に気が付く可能性が高くなります


体重が昨年と同じでも、胸筋を触ってみたら、実は全然肉が付いていなくて、
痩せてガリガリだった…ということがあります
体重だけ見ていては、大事なことを見落とすことがあります

私はそこを見落とし
とてもとても大事な鳥を亡くしました

いまだに、後悔で苦しいですが
じぶんの苦い経験談が、だれかの参考になり、不幸な死を迎えたり病気になったりする鳥が、減ってほしいので、これを書いています


それから冬は乾燥で、鳥たちは意外に喉が渇いてます

我が家のハヤブサは、冬でも、気が向いた時は
水桶に入ってがぶがぶ飲んでいます(気が向かないときには水桶にすら入らないが)

トレーニングや、ハヤブサの写真を拝見すると「大丈夫かな??」と思うような子を結構見ます

ファルコンリーをする鳥は
フードをかぶせたり、止まり木に留めていたりで自由に水が飲めない状態で飼われている子が多いので
腎臓はもちろん、体の調子を悪くしたりする鳥も多いです

水は特に飼い主が気をつけて、積極的に与えるようにした方が良いです。

c0132048_08151025.jpg

この写真は、トミーというアプロマドファルコンで
輸入され、家に来た後の写真です
2007年の夫のブログから失敬しました

徐々に慣らしていきましたが、その間餌や水を十分与えることが出来ず、目の周りが落ち窪んでいたので、脱水があったと考えられます

目の周りが落ちくぼんでいたりしたら、脱水かもしれません。
こまめに水を与えるのを忘れずに…


もし体調が悪そうだと気付いたら
体温を温め維持し、獣医さんに行き補液を入れてもらうだけでも、効果はかなりあります
c0132048_1923582.jpg



********************
2013.12.1
鳥たちも、首を背中に埋もれさせ眠る季節になりました。
最近、ブログの更新はグローブやフードギャラリーがメインとなっていまして、
日記の方は、STOOPER facebookページの方で まめに更新しています。

トレーニングは、今年はけっこうマジメに行っていて
家のそばの フィールドは、富士山が大きく見え、気持ちが良いところです
トレーニングの様子なども、facebookのほうで アップしています。

c0132048_1911325.jpg
c0132048_19114843.jpg

外国の方にも見てもらえるのはfacebookの良いところかも。
よろしければ、ごらんください。

Falconry Equipment STOOPER
http://www.stooper.jp/
[PR]
by biker-vet | 2017-01-14 18:44 | 鳥の病気・メンテナンス | Comments(7)

新型ノロを世界で初検知 川崎市

c0132048_08561857.jpg


川崎市健康安全研究所 新型ノロウイルス発見(読売新聞 2015年10月27日)

新型ノロを世界で初めて発見 川崎市職員5人表彰(神奈川新聞 10月27日)





[PR]
by biker-vet | 2015-10-30 08:46 | 獣医師 | Comments(0)

ノロウイルス論文

新しい遺伝子配列を持ち今年日本やアジアで流行したノロウイルス GII.17について書いた論文が、
Euosurveillanceにacceptされ、掲載された。
Eurosurveillance, Volume 20, Issue 26, 02 July 2015

Rapid communications
GENETIC ANALYSES OF GII.17 NOROVIRUS STRAINS IN DIARRHEAL DISEASE OUTBREAKS FROM DECEMBER 2014 TO MARCH 2015 IN JAPAN REVEAL A NOVEL POLYMERASE SEQUENCE AND AMINO ACID SUBSTITUTIONS IN THE CAPSID REGION


second authorだけど、厳しい審査員&編集者からの指摘の雨あられへの返信、限られた時間でのデータ修正、譲れない点を貫く姿勢…色々とても勉強になりました。

データをまとめて論文にすることで、多くの人がその情報を参考にできる。
例えば私が死んでもそれは残る。

いつか、猛禽たちのことも、何か遺せるものを作れれば良いな

c0132048_16222113.png


Falconry Equipment STOOPER
http://www.stooper.jp/
[PR]
by biker-vet | 2015-07-12 16:23 | 獣医師 | Comments(0)

カラスの保護

夫がカラスを保護した。
c0132048_2241398.jpg

夫が仕事中、同僚から突然「来てください!」とご指名を受け
訳も分からず仕事を中断し出向くと、
そこには地面にうずくまったカラスがいたそうだ。

状態を確認するとすごく痩せていて
羽根も伸びきっておらず、どうやら巣から落ちた模様。
このままには出来ないので、しばらく我が家で預かることにした
と、その日の夕方メールで連絡が来た。
(※神奈川県の野生鳥獣リハビリテイターの資格を持っています。)

話を聞くと衰弱している様子だったので 補液したほうが良いかと思い
獣医師の友達に連絡して、彼女の働く動物病院で補液用の乳酸リンゲル液と注射器を譲ってもらった。

帰って確認すると、やはり衰弱していて、脱水がひどいので、まずは点滴。
c0132048_22394960.jpg

エサを与えようにも食べようとしないので、口を開かせて強制給餌。
c0132048_2240398.jpg

目を閉じてじっとしていたカラスだったが 翌日の朝には少し目に力が戻った。
c0132048_22402861.jpg


その後、夜中の給餌も旦那が頑張り、
最近は、
逃げ足も早くなり、スタコラサッサとケージから飛び出て庭をぴょんぴょん飛ぶようになった。
c0132048_22414777.jpg

c0132048_22392441.jpg

ブリタニースパニエルのハッチ、カラスに興味はあるけど
ちゃんと気を遣ってくれている。

今後は自分で餌が食べられるようになって、はやいところ巣に戻せれば一番良いのだけど。
c0132048_22413576.jpg



Falconry Equipment STOOPER
http://www.stooper.jp/
[PR]
by biker-vet | 2015-06-14 22:47 | 野生動物・リハビリ | Comments(2)

命をつなぐペットショッププロジェクト

c0132048_22144673.jpg


日本のペット殺処分を無くすための具体的な構想について 大学の研究室の後輩 ニノくんに
実際に話を聞いたのは、2013年のちょうど今頃。

この構想は
パタゴニアの取り組みと重なりました。
c0132048_12571538.jpg



パタゴニアは、環境保護活動をビジネスに取り入れ、
パタゴニア製品を買う人が、 直接的・間接的に環境を守ることに貢献できるシステムを作ってる。

多くのパタゴニアユーザーは 自然の中で遊ばせてもらい その恩恵を受け
自分たちが自然を良く理解しているからこそ

「環境保護の取り組みは自分達が一番やるべきだ」

ということをよくわかっている。

だからそのシステムは当然のように支持される。

私たち獣医師や 多くの動物好きも それと同じで、
大抵動物が好きで いろんなかたちで動物に恩恵を受けていることは 自分が一番わかってるはず。

だから 日常生活の中で、

『間接的にでも 殺処分を無くすために貢献できるシステム』

があれば支持されるだろうと思い、ニノくんの構想を応援したいと思いました。


そのプロジェクトが 今月動き出しました。

【いのちをつなぐペットショッププロジェクト】

概要は以下に書かれています。

いのちをつなぐペットショッププロジェクト

いのちをつなぐペットショッププロジェクトのプロセス


ニノくんが書いているように、このプロジェクトは

『日本でいちばん参加ハードルの低い動物愛護活動』

です。

そして、これが成功するかどうかは

「賛同してくださる方の数」で決まります。




「犬猫の殺処分が無いほうが良い、減ってほしい」

「日本で保護犬・保護猫がペット選択の第一選択肢になってほしい」

という気持ちを共感できる方は、上記ブログをお読みいただき

もしフェイスブックをやっている方がいましたら 

「いのちをつなぐペットショッププロジェクト」
facebook ページに 「いいね」を押してもらえたら うれしいです
(→すいませんリンクがうまく貼れず…facebookにログインして検索してもらえたらすぐみつかるはず)

それが集まったとき、日本のペット殺処分の現状を変える 大きな力になるはずです。


ちなみに先日、
辻堂海浜公園で毎月第3週末開催の pawpads里親会に、
故ツトム(パンダうさぎ 享年13歳)に使用してたキャリーケース、
タオル、ペットシーツなどを、少しだけど寄付してきました。
c0132048_1259683.jpg

役に立てば嬉しいなあ。


Falconry Equipment STOOPER
http://www.stooper.jp/
[PR]
by biker-vet | 2014-04-23 22:38 | 獣医師 | Comments(0)

食中毒?

c0132048_014847.jpg

金曜夜仕事から帰ると、ゴン(フクロウ)がひどく嘔吐していて、具合がすごく悪そう
猛禽は、いきなり具合悪くなっていきなり重篤…
というのが今まで多いのでとても心配で
でも昨日は前日より良さそうで、ヒヨコも食べ、いつもお世話になっている先生にも診て頂き
今日からしばらく投薬で様子見です。一時的なモノだとよいけれど。
猛禽はほんと食餌に気を遣いますね
これから細菌が元気になる季節ですしね
[PR]
by biker-vet | 2013-05-14 00:01 | 鳥の病気・メンテナンス | Comments(5)

311から

地震から一週間経ちました。


地震の被害はあとになってからどんどんわかってくるのが怖いところ…

1978年、私が生まれてすぐ宮城県沖地震を体験した母がそう言っていましたが、
本当にそのとおりで
この地震がいまだかつてないほどの災害で 東北に何が起こったのか
11日の時点では まだまだ 実感もなくて

その後の一週間、ニュースで現地の様子が明らかになるにつれて 大変なことが起きたという実感がじわじわ沸いてきて
そのうえ、原発の問題と物資調達の大変さ、停電の混乱が 私たちの不安をさらに煽りました


私も旦那さんも宮城県に祖母や親戚がいて、連絡が取れず心配していましたが、
先週末にようやく皆の無事が確認できました
ただ、一部の親戚は家が壊れて避難所生活をしているようです

仙台市在住の祖母は、水と電気は来たけどガスがいつ復旧になるのかわからないということでお風呂は入れていないと。
食べ物は、近所の方などが、おにぎりを届けてくれたりして何とか繋いでいるといっていました。
知恵と助け合いでなんとかしますと 肝の座った一言にちょっと安心しました。



現地の被災動物のことも気にかかり、調べてみたところ、
日本獣医師会や動物愛護協会が緊急災害時動物救援本部を立ち上げています

義援金のほか、一時預かりボランティアや、ペットフード等輸送のための企業の協力を求めています



【「動物の一時預かり」「動物保護シェルターでの動物の世話」「動物や物資の輸送・運搬」などのボランティア募集】
公益社団法人 日本動物愛玩協会
(まず登録し、連絡を待つことになります)


【被災動物やその飼育者の支援のための義援金はこちら】

【ペットフード等の物資の現地への輸送について、企業の協力を求めています】


【被災された方で ペットの一時預かり先をお探しの方の相談窓口】
担当団体:社団法人日本動物福祉協会
TEL 03-5740-8856


<緊急災害時動物救援本部 構成団体>
財団法人日本動物愛護協会
社団法人日本動物福祉協会
公益社団法人日本愛玩動物協会
社団法人日本獣医師会



避難所である埼玉アリーナでも、ペットの一時預かりをできる人急募との情報がありました。
味の素スタジアムは、現在のところ、ペット連れOKで
現在はペット用の部屋にケージに入れて置かれているようです

どちらの避難所も3月末までなので
一時預かりボランティア等本当はやりたいですが、
自分には何ができるのか…、よく考えて責任の取れる範囲でできることをやっていこうと思ってます




今回の地震で大きな被害に遭われた方々には心よりお見舞い申し上げます

東北人、そして日本人は、心があたたかくて、忍耐強い人が多いです
今日より明日、明日より明後日、すこしずつでも良いことが増えて、笑顔が増えていくよう
心よりお祈りしています




【お知らせ】
3月27日の 埼玉県吉見町で行なわれる予定だったSky Trials は、残念ながら
中止となりました。
詳細は、アトリエファルコノイド杉崎さんのホームページにて


来年また開催できることを願います。

[PR]
by biker-vet | 2011-03-21 09:03 | ファルコンリー(鷹匠) | Comments(4)

囲炉裏キャンプ@那須こっこランド

先週末は、いつものアウトドアグルメ会メンバーで那須のキャンプ場に行って参りました~
c0132048_23251933.jpg



今年は紅葉が長い期間楽しめているためか 休日の高速は激混みでした…
運転手きっくー サオリシェフ持参の赤飯おにぎりを食べて運転がんばってくれました
c0132048_0232827.jpg


まずは館林のJAまつりで食材仕入れ(バイヤーの顔になるサオリシェフ)
c0132048_23202039.jpg


そのあと 道の駅、地元スーパーでも買出しして、キャンプ場についたのは夕方。

今回お世話になるのは那須の「こっこランド
キャンプの達人イチコフ一押しセレクトです
c0132048_027578.jpg

森に囲まれた静かなキャンプ場で 人も少なかったので貸切状態!
贅沢にも紅葉の森を独占しちゃいました 

今回は 囲炉裏の小屋を貸切り。
c0132048_23294314.jpg


料理長はもちろんアウグストの天才シェフサオリ
毎回すんばらしい料理を担当してくれるキャンプに欠かせない存在です
みんなの笑顔のために赤飯まんじゅうと赤飯おにぎりを朝5時起きで作ってくるよーな人です。
今回も、囲炉裏に合うすんばらしいメニューを考案してきてくれました
c0132048_034364.jpg


更に 色んなものを仕込んで持ってきたご様子。
いくらの醤油漬けやら、お汁粉用のあんこやら、鶏ガラやらが
バックから次々と出てくる出てくる。
c0132048_0343895.jpg

APEC警備中の警官に持ち物検査されてたら怪しすぎて連行されてたかもしれないす


福島からyoshieファミリーも到着!
みんなでサオリシェフのお手伝いしながら…
c0132048_23365120.jpg


新メンバー ルーちゃんのお世話もしつつ…
c0132048_021934.jpg




7時過ぎ ようやく 乾杯!
c0132048_23395653.jpg
c0132048_23401187.jpg

はらこめし、だまこ鍋 いか焼き等々
驚愕のうまさ…

囲炉裏の火は 見てて飽きず
飲み物担当yoshie作成のホットワインとチャイもからだを温めてくれ
他愛ないおしゃべりで 夜が更けていきました…



c0132048_23445141.jpg









次の日の朝食はおじや と お汁粉

昨夜あれだけおなかいっぱい食べたのに へんだな~満腹中枢破壊されたかな 
いくらでも食べられちゃって

c0132048_0171762.jpg

c0132048_014730.jpg


おなかが満たされた後は 写真撮影大会して 温泉につかってきました




頭の中にあった勉強やら試験やらを久々に忘れて、ゆっくりできた2日間でした。
ありがとうー
今回参加できなかったフランス留学中のノリと旦那、ハヤブサたちも
次回は参加できますように!

c0132048_23561064.jpg



photo by Ichikof and Lee THANKS!
 
[PR]
by biker-vet | 2010-11-17 23:57 | アウトドア | Comments(2)

鳥類臨床研究会大会

日曜は、鳥類臨床研究会大会に参加してきました。


朝から夕方まで臨床現場での試みや新たな知見・症例など 色々と聞けて
頭パンクしそうでしたがすごく刺激を受けました。

病気に関しては 当たり前だけど まだ不明なことがたくさんあって、
経験豊富な先生方であっても、色々と試行錯誤して日々勉強しながら症例を診ているんだ…と
改めて知らされたというか。


未解決の問題は まだまだたくさんあるけれど
こういう場で新たな症例を紹介すること、そしてそれに対して
みんなで意見を出し合ったり 情報交換しているのを見て
より良い獣医療を目指す先生方の情熱を感じて 

わたしも勝手ながらアツくなりました。


興味深かったのは、剖検により吸入中毒が疑われた急性死事例についての発表。
吸入中毒の場合 いっぺんに飼い鳥がばたばたと死亡するケースも少なくないようです。
因果関係が疑われたケースとして
ガス配管工事、パラコート系除草剤、接着剤、喫煙、リフォーム後の家…etc.
え!そんなものまで!というものが挙げられていました。
鳥類はガス性毒物に対する感受性が極めて高いってことがよくわかりました
タバコを吸う方、プラモ好きは、要注意ですね…
我が家も接着剤、革の塗料、よく使うので気をつけないと。


英国の野生動物医学コース(修士課程 1年間)の概要 
インコの熱傷にアセチルヒドロキシプロリン外用薬(アイプクリーム)を用いた一例
なども、おもしろかったです

やっぱり役に立つ&興味深いのは falconest伊澤先生との猛禽についての立ち話でしたが…
(発表では猛禽話は1つしかなかったので)


普段の仕事は臨床に携わっていないので
せっかく得た知識を大会に参加した先生方のように貢献できないことに
歯がゆい 肩身の狭さを感じ
この大会に出席するのはちょっと場違いだろと思って躊躇してたけど…

新しく得られた知識もいくつかあって
微力ではあるけど まずは我が家の猛禽に実践しようと思います


行って良かった!
[PR]
by biker-vet | 2010-10-13 23:14 | 鳥の病気・メンテナンス | Comments(5)

宮崎の話

じめじめな日々が続いてるけど、今日は七夕でしたね。

彦星さんは牛飼いだったというから、織姫さんよりも口蹄疫のことが気になってるかもしれないですね。


私の上司は 6月終わりに宮崎に行ってきた一人なのですが…
そのときの話を聞きました。


とある農場で牛の殺処分中、農家さんの娘さん2人がお母さんを挟んで、
上司たち獣医師の作業と牛さんたちを見ていたそうです。

お嬢さんたちは二十歳くらいで ギャル系だったけれど、
見た目とは違い まるで幼稚園児のように
お母さんの袖先をしっかり指でつかんでいたそうです。
彼は 彼女達の不安・困惑・悲しみを混ぜた表情に、心を殴られたような 衝撃をうけたと…

一方で、お父さんは 一生懸命殺処分を手伝い、最後に、深々とお辞儀をされ、
上司たちを見送ったそうです。
ワクチン接種農家であって感染があったわけではない農家です。


「公務員獣医として、彼らの表情を私は一生覚えておかないといけないと 思いました。


昨今、BSEでもそうですが、経済問題つまり生産者をないがしろにして、
消費者の安全性のみ興味が向いているような気がします。

生産者・産業軽視の考えがなぜここまで進行しているのか?
食糧の供給あってこその、食品の安全であり安心ではないのか?

今回の件は、このあたりの風潮を、端的に具現化した事象なのではないかと思えて成りません」


この言葉は とても響きました。



東京では、だんだんと口蹄疫の報道が少なくなってきていますが、
現地はまだなにも終わっていないのでしょう。

地元紙によると、3割の方がメンタルケアが必要になっているそうです。

農家さんにとって牛は財産であるだけでなく 家族だから
心のバランスが保てなくなって 当たり前だと思う。

一刻も早く笑顔が戻るよう、募金など出来る範囲で、支援を続けていこうと思います


c0132048_2261290.jpg

おまけのシン。窓の外を見ながら、宮崎がんばれーと 念を送ってくれてます。
[PR]
by biker-vet | 2010-07-07 22:04 | 獣医師 | Comments(2)


ファルコナー(鷹匠)歴約9年。ハヤブサのトレーニング、病気&健康管理のことなどを徒然なるままに。STOOPERのオーダーメイドグローブ・フードも紹介しています。http://www.stooper.jp


by biker-vet

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

タグ

(82)
(75)
(40)
(35)
(32)
(31)
(29)
(28)
(23)
(18)
(14)
(14)
(10)
(9)
(8)
(8)
(4)
(4)
(1)

カテゴリ

全体
ファルコンリー(鷹匠)
鳥の病気・メンテナンス
競技会・イベント
猛禽用グローブ・フード
獣医師
アウトドア
旅行
グルメ
その他
wedding
子宮筋腫
ご挨拶
野生動物・リハビリ
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
more...

画像一覧

最新のコメント

イッチーさん ルアーパ..
by biker-vet at 07:51
フライトフェスタ参加で御..
by イッチー at 07:44
Naoさん ルアーパス参..
by biker-vet at 22:37
フライトフェスタ参加予定..
by Nao at 11:16
はじめまして。お返事遅く..
by biker-vet at 23:47
いきなりコメント失礼しま..
by 熊谷瞭佑 at 21:40
永橋さん ありがとうご..
by biker-vet at 19:44
NAOさん 書き込みあ..
by biker-vet at 19:30
マロンでルアーパス、Ha..
by NAO at 14:01
イッチーさん 年末はあ..
by biker-vet at 19:30

外部リンク

お気に入りブログ

増山麗奈の革命鍋!
傷病鳥獣のリハビリテイタ...
エトブン社 絵草紙 <<...
muni origina...
NO FALCONRY,...
yoshie,8min....
Le chemin qu...
【笹山RCグライダークラ...
女性犬ぞりマッシャーの日々
kawasemikoの気...
JRF(Japan RA...
ココロフォト
自転車で 行ってきまーす
catering&cra...

検索

ライフログ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

動物・ペット