タグ:猛禽 ( 31 ) タグの人気記事

フライトフェスタ競技参加予定人数調査


【お願い 2016年1月13日(水)まで】
競技参加予定人数調査

競技については毎年参加者が増えている状況です。

そこで、事前に出場予定者が何人くらいいるか、調査したいと思います。それにより競技時間等を検討したいと思います。

競技参加(予定)の方で、まだどの団体にも参加表明をされていない方は、こちらのコメント欄にて

・参加競技種目
・鳥の種類、数、性別
をお知らせください。
(1/13(水)迄にコメント記入をお願いいたします)

あくまで予定で構いません。
ご協力よろしくお願いいたします。

競技種目
1.ハヤブサ部門
・ルアーパス
・スカイトライアル
2.オオタカ部門
・タイムトライアル
3.ハリス部門
・障害物タイムトライアル
4.その他猛禽類
・障害物タイムトライアル

※なお、今年よりエントリー料1000円を頂戴することが決まりました。各種目につき1000円です。(例:ハヤブサのルアーパスで2羽、スカイトライアルで1羽出すときは、エントリー料は2000円)
ご理解いただけますよう、宜しくお願い致します。
c0132048_2233453.jpg



[PR]
by biker-vet | 2016-01-12 13:31 | ファルコンリー(鷹匠) | Comments(4)

1月9日、1月11日トレーニング

ラナーファルコンのエース、自信を付けさせルアーを好きになってもらえるよう、トレーニングのステップを戻してルアーを確実に掴める距離で取らせる練習。

本日 早朝トレーニング。
c0132048_21353088.jpg

体重450g。即反応、まっすぐルアーキャッチ。
c0132048_21362760.jpg

良い表情。満足いくまで食べた後は、フードをかぶるのも嫌がらない。

エースのあと、ペレグリン ライカを飛ばす。
どこまで行っちゃうかな~と思ったけど高度を上げて戻ってきた。上出来、上出来。


最後はペレマーリン。
c0132048_2150195.jpg

今日のフライトはちょっと、心配だった。


というのも おととい1月9日の時、
3回ルアーリングして体力を使った後に、ハヤブサの急襲にあった。

体力も残ってないところへ 何度も掴みかかられ、さすがにもうだめかと思ったけど
1回、2回、3回… 何度も身をひるがえし、アタックをかわし 何とか逃げ切った。
そして無事に、還ってきてくれた。

日頃のトレーニングをしていたから、あれだけのスキルとスタミナで、逃げ切れたのだろう。
ラナーファルコンのエースでも、掴まっていただろう。

そんな事件のあとだったので、どんなフライトになるか不安があった、今日のフライト。

ルアーにすぐ行くかと思いきやどんどん高度を上げて気持ちよさそうにどんどんと遠くへ。
もしやこのまま戻ってこない気か??

旦那 仕事遅刻が頭をよぎったところでちゃんと戻ってきた。
今日は、無理をさせず、ルアーリングは10回程度で最後 ばしっと掴ませ、終了。
c0132048_2263945.jpg


鳥たちは、日々、色々な経験を積んでいる最中。
どんな鳥になるかは、ファルコナー次第。
ファルコナーも、日々経験を積んでいかなきゃ。
なんでそうなったか?どうしたらよいか?頭を働かせよう。


バードウォッチングとカメラが好きという 研究者のUさんが素敵な写真を撮ってくれた。
ありがとうございます。
c0132048_2281731.jpg

c0132048_2232036.jpg

c0132048_2233453.jpg
c0132048_2234757.jpg
c0132048_224135.jpg

去年知り合ったKさんファミリー、綺麗なジアセイカーを一生懸命トレーニング中のSさんも参加し
コーヒーを飲みながら、子どもたちと遊びながらハヤブサのトレーニングをする
良い時間だな、と思う。



Falconry Equipment STOOPER
http://www.stooper.jp/
[PR]
by biker-vet | 2016-01-11 22:08 | ファルコンリー(鷹匠) | Comments(0)

フクロウ完全飼育


先日、「生き物にサンキュー!」という番組でもペットとしてのフクロウが取り上げられていたし
最近はフクロウカフェも増え、フクロウをペットとして迎えたいと思っているひとが沢山いるということなのだと思います。

そんなフクロウ好きにおすすめの一冊が
「フクロウ完全飼育」

c0132048_23225732.jpg


藤井さん著ということで、やはり、内容が濃くとても深い。

餌のページを例にすると、カロリーのことから与え方まで相当詳しく書かれており、
たくさんの失敗をしてきた私は もっと早く読みたかったと心から思いました。


前半は図鑑になっていて、見ているだけで楽しめる。

フクロウの飼育管理、用具(止まり木やアンクレットなど)、フライト訓練については もう
「鷹匠だからこそ」というか、「鷹匠でなければ」書けないような内容で
でも分かりやすく書いてある。

知識や経験が豊富であっても、専門的な内容であればあるほど「分かりやすく」というのはなかなか難しいことで
自己満足にならないように万人に分かりやすくするには、やはり「伝えたい」という想いが大事ではないかと。

自分も論文を書いたり人前で発表したりするときはそこにかなり気を遣っています(なかなか難しいですが)


「まえがき」にあるように
「昨今の「フクロウブーム」が、不幸なフクロウを大量に生産するような事態とならないことを願いつつ…」

たぶんこの思いが、良い本を作る重要な要素だったのではないかなと、読みながら思いました。
フクロウをこれから飼いたい人にも、フクロウとすでに暮らしている人にも
ぜひ「手元の一冊」にしていただきたい、そんな本です。

c0132048_2326381.jpg


Falconry Equipment STOOPER
http://www.stooper.jp/
[PR]
by biker-vet | 2015-09-17 23:16 | ファルコンリー(鷹匠) | Comments(0)

Festival of Falconry in Abu Dhabi の準備

c0132048_9594759.jpg
いよいよ来週に迫った アブダビでのファルコンリーフェスティバル。
旦那の道具作りも佳境に入った模様。
丈夫な鹿革に針を通す作業の連続で、旦那の両指の先端はすでに赤く腫れているけど
海外のファルコナーにも喜んでもらえることを夢見て 一針一針丁寧に縫いすすめています。

c0132048_100141.jpg



c0132048_12221859.jpg
その合間に、鳥たちのトレーニング。
ブリタニースパニエルのハッチも、一緒にトレーニング。
ハヤブサたちを驚かさないように、訓練中。

ハヤブサたちをもっと追いかけまくるかと思ったけど、小さいマーコにも、若干ビビッている様子(笑
トレーニング中は おとなしくしています。


Falconry Equipment STOOPER
http://www.stooper.jp/
[PR]
by biker-vet | 2014-11-29 10:02 | ファルコンリー(鷹匠) | Comments(0)

くちばし・爪のメンテナンス

c0132048_1428773.jpg

マーリン(コチョウゲンボウ)のマーコの伸びた嘴を整える。

c0132048_14283116.jpg

ご老体なうえ神経質なマーコはすぐハアハアしてしまうので短時間勝負。

c0132048_14291438.jpg

美人おばあちゃんになりましたかね


Falconry Equipment STOOPER
http://www.stooper.jp/
[PR]
by biker-vet | 2014-11-08 14:30 | 鳥の病気・メンテナンス | Comments(0)

グローブギャラリー-1- シンプルグローブ

2015.9.13
シンプル(紫×茶)
金襴バージョンだけでなく、
このようなシンプルなタイプもオーダーで作っています。
すべて手縫い仕上げ、
既存のグローブとの握り心地の違いは、雲泥の差。
使うごとにしっかりと手に馴染んできます。
simple glove -purple/brown
c0132048_1442650.jpg


2014.11.8
シンプル(黒×茶)
燻した鹿革のグローブ。
特に飾りは施さず、シンプルに…とのご注文でした。
c0132048_14192328.jpg


2013.10.13
シンプル(黒×赤)
c0132048_1814927.jpg


2013.9.7
シンプル(白×黒)ステッチ
c0132048_15563757.jpg


シンプル(空×茶)
c0132048_15591357.jpg



2012.8.18
エガケ(ワサビ)
c0132048_164382.jpg


エガケ(茶)
c0132048_16424627.jpg


シンプル(白×黒)
c0132048_1673718.jpg


シンプル(グレー×黒)
c0132048_1611249.jpg


シンプル(茶×黒)
c0132048_16353927.jpg


シンプル(白)
c0132048_22472440.jpg




Falconry Equipment STOOPER
http://www.stooper.jp/
石川和也
stooper@hotmail.co.jp
090-4424-9742
[PR]
by biker-vet | 2014-11-08 14:21 | ファルコンリー(鷹匠) | Comments(0)

STOOPERグローブ(印伝)サンプル品 特別価格です

(8/7追記) 「Sold out」となりました。ありがとうございました!

STOOPERグローブ(印伝/亀甲) サンプル品・未使用 1点を
特別価格にて販売いたします!


印伝「亀甲」
伝統的な吉祥模様(おめでたい柄)で、厄を祓い身を守るものとして平安・鎌倉時代に 流布し、服飾や調度品・武具に用いられたという。
c0132048_1333509.jpg

c0132048_13341297.jpg


※タッセルは、赤もしくは紺の房、 または黒の革からお選びいただけます。

価格: 通常価格 ¥21,600(税込)の30% off→ ¥15,120

サイズ: S~M (女性でもお使いいただけます)

STOOPERグローブ
海外のグローブにはない握りやすさ、
日本のエガケにはない装着のしやすさが売りです。

グローブの材料となる革は鹿革を使います。
革は弓道・剣道などの武道具に用いられるものと同じ、上質のもの。
そして指や手全体になじむように『手縫い』で仕上げています。

この革だからこそ出せるフィット感があります。
使うほどに指に馴染み、年を重ねる毎に一層使いやすくなっていきます。 

この機会にぜひどうぞ!

【問い合わせ先】
Falconry Equipment STOOPER
http://www.stooper.jp/
tel:090-4424-9742
mail:stooper@hotmail.co.jp
[PR]
by biker-vet | 2014-07-26 13:55 | ファルコンリー(鷹匠) | Comments(0)

渇望- by Shawn Hayes

c0132048_11353037.png

photo by Shawn Reeder(クリーネストラインより)

友人であり尊敬するファルコナーであるショーンが、
パタゴニアのブログ「クリーネストライン」に掲載された。


ショーンの文章からは、彼の人柄、繊細な気配り、ハヤブサへの敬意が読み取れる。

ファルコンリーをやっている人ですら、
彼のように ここまで突き詰めている人は、そういないと思う。
それはまさに「修行」といって過言でない。

以前のブログで、ショーンが日本で行った講習会での出来事を少しだけ書いたけれど
私はもちろん、
もう何十年もファルコンリーをやっている旦那ですら
目からウロコのような、たくさんのことをショーンから学ばせてもらった。

今度は実際に、彼のフィールド ネバダ州で
彼の「修行」を見てみたい。


クリーネストラインへの日本語での掲載にあたり、ファルコンリーの専門用語や、繊細なニュアンスについて、旦那も翻訳をお手伝いしたとのこと。
嬉しく誇らしく思います。



Falconry Equipment STOOPER
http://www.stooper.jp/
[PR]
by biker-vet | 2014-07-26 11:49 | ファルコンリー(鷹匠) | Comments(0)

patagoniaとFalconryの深いつながり

あまり知られていないかもしれないけど、
有名なアウトドアウェアのpatagonia 、じつはファルコンリーとの関係が深い。

創始者のイヴォン・シュイナード氏は、
10代の頃鷹狩りに魅了され、巣を調べるために崖をのぼる必要があることからクライミングを見出したそうだ。

patagoniaの日本未発行カタログ 『Birds of Prey(猛禽類)book』 では、

そんなイヴォンのエッセイ等も記されていて、その一部が
patagonia ブログ クリーネストライン「見習い」

に紹介されている。


その中の一文は、ファルコンリーとは何か、を端的に的確に表しているような気がする。


「しかし鳥と人間のあいだに愛はない。彼らは野生であり、誇り高き動物だ。タカに関心があるのは、狩りをして食べることだけ。そして好ましい行動を褒め、同じ行動を繰りかえさせる「正の強化」にのみ反応する。もし爪で思いっきり引っ掻かれても冷静に対処するしかない。それは真に禅的だ。人間が鳥を訓練していると思うのは間違いで、鳥が人間を訓練しているのだ。」

(クリーネストラインより)



また、もう一つの記事
羽の軽さで、愛よりも重く

では、

パタゴニア社員であったKim Stroudさんと、彼女が設立した野生猛禽類保護施設
オーハイ・ラプター・センター(ORC)
について書かれています。

c0132048_11564369.jpg

彼女がパタゴニアで働いているとき、
保護した猛禽類を職場に連れてきて面倒を見ながら仕事をしている写真が

「社員をサーフィンに行かせよう」
に載っていて、

自分もこんな風に働けたらな・・・と いまだに思うのだけど

そのキムさんの猛禽保護施設が、いまや
は州および米国魚類野生生物局より認可を受け、CDC(米国疾病管理センター)からも意見を求められるほどの施設になっている

というのを今回の記事で知って
すごいうれしかった。


もう7年も前・・・旦那はイヴォン氏にグローブをプレゼントしたことがあるけれど、
覚えているかなぁ。
「プレゼント」
c0132048_11522878.jpg


近い将来、アメリカに行って、ぜひイヴォン氏や オーハイ・ラプター・センターを訪れたい。

また一つ、夢が増えました。





Falconry Equipment STOOPER
http://www.stooper.jp/
[PR]
by biker-vet | 2014-07-13 11:37 | ファルコンリー(鷹匠) | Comments(0)

換羽期の猛禽の体調管理

最近また、フクロウのゴンが食べ物を消化する前に嘔吐することがあった。

このブログの検索ワードを見ても、「フクロウ」「嘔吐」などの検索が増えてきています。


換羽は新しい羽根をはやすために多くのエネルギーを必要とするから
免疫力も低下するし、
ホルモンのバランスも関係して、
やはり、換羽のこの時期、体調を崩す猛禽は多いです。


c0132048_134394.jpg

ゴンの場合、嘔吐したときは、その日はそれ以降、餌は与えません。
一日絶食します。

食べさせようと思っても、その日は目をつむり、ジッとしていることが多い。


次の日、顔色や糞の状態を確認して、大丈夫そうであれば
ミンチ状にした肉にたくさん水を含ませ、少しずつ与えます。

2日目も具合が悪そうにして、まったく食べない…という場合は 病院に行き検査をするのでしょうけど
いまのところ、2日目には
「おなかすいたーー」
と餌を食べてくれるので

一時的なもので収まっています。

これは、経験的なものもあるので、
少しでも不安で、おかしいな?と思う場合は、遠慮せずに獣医に診てもらうべきだと思っています。

飼い主の「おかしいな」の直感は、病気を発見する上で、なによりも大事だと思うので。



先ほども書いたように、換羽期は免疫力も低下するので
感染症に対する抵抗力も弱まっています。

またこの季節は、生肉を餌とする猛禽類にとっては「食中毒」も怖い病気です。
細菌などが増えた餌を食べることで、胃腸炎や嘔吐を引き起こします。

なので
「換羽期だから嘔吐もあるかも」と思うのではなく
他の病気を発症する可能性も、頭に入れておくのが良いんですね。


この時期は、無理をさせずに、栄養のあるものを与えて なるべくストレスをかけないように心がけています。

我が家では、エサにはウズラのほか、スズメやヒヨコなど、いろんな種類のものを与えるようにしています。
(いろんな意見があるかもしれませんが)

c0132048_13265037.jpg
c0132048_132781.jpg

この前の冬に日本に来日した時、講習会をしてくれた アメリカのファルコナー Shawnも
「僕も、身体の大きなハヤブサにも、スズメのような小さな鳥も与えるようにしているんだよ。」
と言っていました。

Shawnのように、鳥を大事にし、鳥の健康を第一に考えて、たくさんのハヤブサをトレーニングしているファルコナーの意見は、
やはり心にスッと入り、響くものがあります。


ハヤブサたち全員に、この夏の時期、換羽の時期を健康に乗り切ってもらい
良い羽根をはやして また秋には良いフライトをしてもらえると良いな


夏日の今日、ゴンはさっきから1時間以上 水浴びしています・・・
c0132048_13592037.jpg






Falconry Equipment STOOPER
http://www.stooper.jp/
[PR]
by biker-vet | 2014-06-29 13:50 | 鳥の病気・メンテナンス | Comments(0)


ファルコナー(鷹匠)歴約9年。ハヤブサのトレーニング、病気&健康管理のことなどを徒然なるままに。STOOPERのオーダーメイドグローブ・フードも紹介しています。http://www.stooper.jp


by biker-vet

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

タグ

(82)
(77)
(40)
(35)
(32)
(31)
(31)
(28)
(23)
(18)
(14)
(14)
(10)
(9)
(8)
(8)
(4)
(4)
(2)
(1)

カテゴリ

全体
ファルコンリー(鷹匠)
鳥の病気・メンテナンス
競技会・イベント
猛禽用グローブ・フード
獣医師
アウトドア
旅行
グルメ
その他
wedding
子宮筋腫
ご挨拶
野生動物・リハビリ
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
more...

画像一覧

最新のコメント

イッチーさん ルアーパ..
by biker-vet at 07:51
フライトフェスタ参加で御..
by イッチー at 07:44
Naoさん ルアーパス参..
by biker-vet at 22:37
フライトフェスタ参加予定..
by Nao at 11:16
はじめまして。お返事遅く..
by biker-vet at 23:47
いきなりコメント失礼しま..
by 熊谷瞭佑 at 21:40
永橋さん ありがとうご..
by biker-vet at 19:44
NAOさん 書き込みあ..
by biker-vet at 19:30
マロンでルアーパス、Ha..
by NAO at 14:01
イッチーさん 年末はあ..
by biker-vet at 19:30

外部リンク

お気に入りブログ

増山麗奈の革命鍋!
傷病鳥獣のリハビリテイタ...
エトブン社 絵草紙 <<...
muni origina...
NO FALCONRY,...
yoshie,8min....
Le chemin qu...
【笹山RCグライダークラ...
女性犬ぞりマッシャーの日々
kawasemikoの気...
JRF(Japan RA...
ココロフォト
自転車で 行ってきまーす
catering&cra...

検索

ライフログ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

動物・ペット