「ほっ」と。キャンペーン

タグ:メンテナンス ( 9 ) タグの人気記事

キャスティングジャケットの利用法と注意点

STOOPER casting jacket(size:S,M,L)


猛禽を飼っている人なら必ず悩むこと。
それは爪や嘴のケアをどうしよう? という点。

私のブログの検索ワードを見てみると、
必ず毎日「くちばし、爪のケア」や「アンクレットのつけ方」
などが上位に入っていることからも、それが伺えます。

猛禽のくちばし・爪のケアは、ガウガウ犬やシャー猫の爪切りと同じ、いやそれ以上に 神経を遣うもの。
猛禽は
「お前に捕まるくらいなら舌を噛み切って死んでやる!」
という姫君のような、誇り高きイキモノだからです。
c0132048_031692.jpg

というのはまぁ微妙な喩えですが

下手なことをしてこちらが痛手を負うのは犬猫と同じだけど 
猛禽の場合は、爪切り・嘴切りでも下手なことをすれば
それだけで暴れて羽根を傷めたり、ショックを起こしたりします。
最悪の場合、死んでしまうことも…

なので私は、以前の記事で
より安全策をとるためにも、獣医師にお願いすることをお勧めしました。
あとは、鳥を購入したお店に相談するのもひとつです。
「キチンとした知識と技術があるところ」というのが、条件ではありますが。

自分で行う場合には、キャスティングジャケットの利用をお勧めします。

c0132048_2342885.jpg

猛禽の治療やメンテナンスを行うとき
ジャケットを使えば鳥もファルコナーも安全に作業することが可能です。

いくつかの点を注意すれば、アンクレット(足革)の取り付けや、クチバシやツメの手入れや羽根の補修などに活用できます。
ただし
ジャケットがあれば簡単に出来る、というわけではないので、ある程度の訓練と、知識も必要ではあります。
はじめてのときは、猛禽についてきちんとした知識と技術を持った人に(一緒に)やってもらうべきです。


【キャスティングジャケットの利用法と注意点】
c0132048_2344866.jpg

鳥を抑える「保定」がうまくできるかどうかがキーポイント。

『取り扱い上の注意』
・神経質な鳥は、暴れて急激な体温変化、ショック状態、熱中症等になりやすいので、決して無理をせず、状態を見ながら行うようにします。
・鳥が必要以上に暴れるのを防ぐ為に、目隠しをして視界をふさぎましょう。タオルなどでもかまいませんが、できれば専用のフードの併用をオススメします。
・ジャケットに包む時は、胃の中に食べ物のない空腹時にしましょう。
・ジャケットで包む時は、羽根が折れたり曲がったりしないように、翼をしっかりと閉じましょう。


上記の写真では 一人で処置しているけど、
我が家ではたいてい、旦那(メイン)と私(助手)でやります。
一人では大型の鳥は抑えるのが大変ということもあるのと、
二人でやれば 一人が作業に集中し一人が呼吸や顔色を見ることができるから。

神経質な鳥の場合は、とくに注意が必要。

次回、我が家の中でも神経質な、そして体の小さなマーリン(コチョウゲンボウ)のくちばしのケアをしたときのこと…
そのむずかしさと危険性について 書こうと思います。
c0132048_23471842.jpg





Falconry Equipment STOOPER
http://www.stooper.jp/
[PR]
by biker-vet | 2017-01-14 18:54 | ファルコンリー(鷹匠) | Comments(0)

Marshall Trackpack mounting system の装着

トレーニング中、離れて林の奥へ見失ってしまったエース。

いそいで車を出そうと準備していたら
「待て!戻ってきた!」
別の方角から戻ってきたエースを夫が見つけ
急いでルアーを振り、回収。
c0132048_14163167.jpg

これまではぶっ飛んだまま帰って来なかったエースなのでこれだけでも進歩…
そう思って
ふと見ると、なんと尾羽につけた発信機が無い。

幸い、発信機はすぐに、木に引っ掛かっているのを見つけることができた。
c0132048_14212146.jpg


でも、これでもし、エースが自力で戻って来なかったら、
落ちた発信機の信号を頼りに探してしまい、
「この辺りにいるはずなのにいないなぁ〜」
と言ってる間にエースはどんどん別方向に離れてしまっていただろう。

ヒヤリとする出来事でした。
c0132048_14204626.jpg


発信機を背中に背負うためのMarshall のTrackpackは、うまく体に馴染ませる調整が難しいのだけど、
やはりそっちを装着することにした。

マーシャル トラックパックは、きつすぎれば羽ばたきに影響するし、緩すぎてもフィットしない。
食べたあと膨らむ そ嚢のことも考慮し、バランスを考え、取り付ける。
c0132048_14224045.jpg

今回は夫がうまくフィットさせてくれたようで、エースはオーダーメイドの衣装を纏ったアスリートのようにも見える。
華麗に飛んでくれることを期待しよう。
c0132048_14225258.jpg


Falconry Equipment STOOPER
http://www.stooper.jp/
[PR]
by biker-vet | 2016-02-21 14:30 | ファルコンリー(鷹匠) | Comments(0)

命がけのトレーニング

c0132048_18572179.jpg


登山やクライミングなど、命がけで行うスポーツはこの世にたくさんある。
ファルコンリーは、私たちが怪我をしたり命を落とすことはほとんどないけれど、
鳥が怪我をしたり、命を落とす危険とは常に隣り合わせだ。

そして ハトやうずら、たくさんの命を、奪い、いただいて、トレーニングは成立してる。

それは 忘れちゃいけないと思う。

私はトレーニングの時しょっちゅう夫から怒鳴られるけれど
それは、それだけ真剣に、ミスのないようにやらないと、自分のパートナーが命を落とすリスクがあるから当然だ。
(とはいえ、そんな言い方しなくてもいいじゃないかーと思うことも多々あるけどね)

週に1~2回しかできないトレーニング。
そこで良い成果を出せるよう、
毎日自主練習したり、イメージトレーニングしたり
鳥のジャンプアップをして筋力強化したり、毎日鳥の健康状態をメモしたり。

他のスポーツや演劇なども おなじだと思います。

基礎をまもり、日々の積み重ねや心の持ちようを、大事に。


1月17日(日)
ラナーファルコン エース 445g

ルアーを好きになってもらい、自信を取り戻してもらうために、直線でルアーを掴ませる訓練をしばらくしてきたところ
今日は、いつもと違う場所でトレーニング。
違う場所だと、違う刺激が生じるかな、どうかなと思ったけど ファルコナーから離れることなく、旋回し5回ほどルアーに突っ込んできた。
よい反応でした。

私のルアーさばきが最低だ。上達すればきっともっと良くなるはず。
裏切らないようにすることが大事。

ペレマーリンのペルは、昨日56回のルアーリング成功。
ルアーの振り方もうまくないとたどり着けない領域。
動画で確認するのは良い勉強になる。


ペレグリン ライカも、良い飛びをするようになった。
ハトがいたからこそ、伸びることができた。感謝。
c0132048_19113930.jpg
c0132048_19114917.jpg


Falconry Equipment STOOPER
http://www.stooper.jp/
[PR]
by biker-vet | 2016-01-17 23:08 | ファルコンリー(鷹匠) | Comments(0)

くちばし・爪のメンテナンス

c0132048_1428773.jpg

マーリン(コチョウゲンボウ)のマーコの伸びた嘴を整える。

c0132048_14283116.jpg

ご老体なうえ神経質なマーコはすぐハアハアしてしまうので短時間勝負。

c0132048_14291438.jpg

美人おばあちゃんになりましたかね


Falconry Equipment STOOPER
http://www.stooper.jp/
[PR]
by biker-vet | 2014-11-08 14:30 | 鳥の病気・メンテナンス | Comments(0)

くちばしのケア ポイント


【ポイント】
※慣れていない人は決して無理してやらない。猛禽の専門病院か、購入したお店でやってもらう
※くちばしのケアは、二人で行う。手術のとき執刀医のほかに助手が必ず付くように、呼吸、細かな異変を見るため。
※必ず、処置をする際は冷房を効かせる。(いくら部屋を涼しくしていても暴れれば熱中症、もしくはショックを起こすので夏以外のほうが安心。)
※素早く作業を終わらせるため、あらかじめ道具はすべて用意しておく。
※保定、処置は短時間で行う(我が家の場合、大型の鳥では一回の処置にかける時間は5分程度、小型の鳥は2-3分以内を目安にしてそれ以上になりそうならまた別の日に行うようにする)



c0132048_9553795.jpg

c0132048_9555154.jpg

フードもしくはタオルなどで顔を覆い、見えないようにして落ち着かせる。
c0132048_9574643.jpg

c0132048_9573295.jpg

c0132048_9582280.jpg




c0132048_1011748.jpg

c0132048_1005446.jpg

c0132048_1013656.jpg

Falconry Equipment STOOPER
http://www.stooper.jp/
[PR]
by biker-vet | 2012-07-08 10:01 | 鳥の病気・メンテナンス | Comments(0)

くちばしのケア&たいせつなこと (2)

c0132048_942152.jpg


病院へ連れて行くべきか、そっとしておくべきか、短時間で私たちは考えなきゃいけなかった。

マーコのような神経質な鳥を外に連れていくこと、診察を受けることがどれだけのストレスになるか。
それがきっかけで、容体が悪化しないとも限らない…

でも 一か八かで、このときは病院に連れていくことにしました。

もし身体の機能が非常に悪い方向に行っているとしたら、家でできることは限界がある、病院で集中治療をしてもらうほうがまだ可能性はあると思ったからです。

幸い、家から30分の、いつも見ていただいているリトルバードの院長の予約が取れたので
さっそく連れて行き、院長先生に診てもらいました。

診察の結果
熱中症ではなく、ショック状態になったのでは… ということでした。


ショック状態というのは、良く女子が言う「え~ショック~!」っていうノリではなく
医学的にはすごく悪い、死につながる危険率が高い状態

(急性になおかつ全身性に起こった末梢循環不全状態で 重度かつ生命の危機を伴う病態。)


保液(点滴)をしてもらい、マーコはそのあと、徐々に落ち着きを取り戻して 夜には元気になりました。

餌を食べる姿をみてようやく、ホッとしました。

c0132048_938133.jpg



このときは
本当にぎりぎりのところで間一髪気づくことができたから良かったのだけど
もし「もうちょっと大丈夫だろう」なんてそのままマーコの嘴を整えていたら…と思うとぞっとします…

とにかく、絶対無理せずに ちょっと危ないかな…と少しでも思ったら途中でも中止することが大事。

くちばしが伸びていても死にはしないけど、無理な保定で死んでしまうことはあるんです、本当に。


旦那も昔、
無理に据えようとして大事なハヤブサを死なせてしまったことや、
少し無理して飛ばして鳥をロストさせたりした、辛い過去があります。

だからこそ
「自分の直感に従え。どんな場面でも 少しでも危ないと思ったらやめろ」
と、私は猛禽のトレーニングの際 幾度となく言われ続けています。
危険な体験を何度か経験してきた私も、それが一番大事だな、と今は思います。



無理してよいことは何もない。
死なせないことが一番大事。


これは動物病院時代に副院長から言われたことば。


ちょっとでも「今日は暑くなりそうだな」と思うときはどんなに朝涼しくても冷房を入れていくようにしたり、
体調がおかしいかも?と思った時は様子を見ずに病院に連れて行ったり、
風が強いな、と思ったら無理して飛ばさない…


そんなちょっとした心遣い、センスが、猛禽を危険から遠ざけ、健康に長生きさせるためには必要なんだと思います。



Falconry Equipment STOOPER
http://www.stooper.jp/
[PR]
by biker-vet | 2012-07-08 09:39 | 鳥の病気・メンテナンス | Comments(0)

くちばしのケア & たいせつなこと

マーリンのマーコはとても神経質で、普段から大人しく据えられる子ではないので
なるべく嘴のケアをしなくて良いように、くちばしが伸びないように、骨付きの肉をかじらせるようにしていました。
でもやっぱりどうしても伸びてしまって
気づいたらこんな 魔女の鼻みたいなくちばしになってしまった。

c0132048_21402499.jpg

c0132048_21403884.jpg


こうなると、マーコも気になるようで、ずっとジェス(足革)に嘴をこすりつけて研いでいる。
いよいよくちばし切るか…

ということで旦那とやることにしました。



最初に、キャスティングジャケットを装着。
まず、私がマーコを据え、暗い所に連れて行く。
旦那が後ろからマーコの肩(羽根の付け根)を持ち、羽根を広がらないよう押さえる(このあたりは保定法を参考に)。

ココがすばやくできるかが、その後どれくらい時間をかけられるかを決める。

保定したら、フードをかぶせ、そのままキャスティングジャケットにくるむ。
旦那が、羽根を保定したままキャスティングジャケットにうつぶせに横たえ、私がジャケットのテープを体に巻きつけて固定。

c0132048_2143349.jpg



す巻き状態になったら、作業開始。
ここからは時間との勝負。
どのくらい時間をかけずに手早くやるかが最重要。
旦那が集中して作業する間、私は常に時間、呼吸、鳥の顔色を見て、「1分経過」や「呼吸が荒い」と報告。

c0132048_22104037.jpg



このとき失敗だったのは
まず暗がりで保定するのに時間をかけてしまったこと。
この時点で相当なストレスをかけ、心拍をあげてしまった。
そして処置の時間も長かった。
保定で3分、処置に3分くらいは費やしたかな…

マーコは保定後ずっと興奮して鳴いていたけど
私は「まだ大丈夫」と思った。あと少しで終わるから…と。
c0132048_21452151.jpg


マーコが拘束されてから 5-6分だったと思う。
でもその時間ずっと興奮状態だったマーコにはとても長い時間だったのだろう、
突然「オエ…」と
苦しそうに何かを吐きだすしぐさを始めました

これはかなり危ない、と私も旦那もとっさに気付き、すぐにキャスティングジャケットを外し、マーコをいつものパーチに戻しました。

でも、マーコの様子は戻らない。
ずっとハァハァと荒い呼吸をして、羽根を拡げて、
足はフラフラとパーチに止まっているのがやっとの状態。

熱中症になってしまったかと思い、急いで霧吹きで脇のしたあたりに水をかけ
体を冷やしました。

でもマーコはその後も、呼吸が荒く、目がうつろで、足はふらふら。
もしかしたらマーコだいじょうぶじゃないじゃないか・・・そう思いながらペットシーツを見て…
胸がギュッとなりました。
マーコは、非常に悪い、といわれるライムグリーン色の便をしたのです。

c0132048_21531751.jpg

オスのマーリン、ナナが亡くなる直前も、こういう便をしていました。


これはマーコの体に想像以上のことが起こっていると思いました。


つづく・・・


Falconry Equipment STOOPER
http://www.stooper.jp/
[PR]
by biker-vet | 2012-07-01 21:02 | 鳥の病気・メンテナンス | Comments(0)

そろそろ始動

良い天気だった今日は、平日たまった掃除洗濯&鳥たちのお世話。

みんな水浴び 気持ちよさそうでした。
c0132048_2324893.jpg




シンは、ほぼ完治目前です!

粘膜がまだ出る…と言っていた頃 あげていたマウスは
「SPFマウス」ということで売られていたんですが
なんだかにおいもキツイ…色もおかしなときがあるし…

ので、お店を変えてさらに高級なマウスにしてみたところ、
届いてすぐに「あ いままでのと違う」と思いました
見た目がぜんぜん違う。毛並みがツヤツヤ!


それで そのツヤツヤマウスを与え始めたら パッタリ粘膜が出なくなりました。

(まあ、それがエサのせいかどうか、ちゃんとした因果関係はわからないけれど)

今回 毎日のフードの質がなにより大切だってことを 改めて感じました。


あと解凍の仕方も重要だってことを学びました。

falconest伊澤先生に教えていただいたのですが
やっぱり、室温での解凍は、微生物の増加がすごくて
肉を汚染するので
冷蔵庫で時間をかけてゆっくり解凍…がベストだと

今年の夏は特に暑かったこともあり、シンと似たような消化器症状で病院に来る鳥も
多かったよう。


シンは、おかげさまでもう1ヶ月、良い便をしてくれているので
3日前から抗生物質を弱いものに切り替えました

これで再発しなければ、治療終了!です

まだ油断できませんが このまま薬が切れるといいなあ。


チョウゲンボウはアスリートなので
トレーニングしないでずっと安静(つなぎっぱなし)というのも
身体をおかしくする原因になるそうな。

ストレスになるんだろーなー

今ちょっとづつ、ルアーをつかませたり、軽くジャンプアップなど始めてます。
そこまで体重落とさなくても反応してくれてるので よかった(^^


猛禽たちのベストシーズン、これからが本番です。

c0132048_2324318.jpg

[PR]
by biker-vet | 2010-11-06 23:24 | 鳥の病気・メンテナンス | Comments(8)

かわいい子には・・・

チョウゲンボウのシン&保護中ちびチョウゲンボウの
アンクレット、ジェスを新しく交換しました
今回は自分でジェス&アンクレット作ってみました(叱咤されつつ・・・)

c0132048_205512.jpg

c0132048_14471332.jpg


シンのアンクレットは、印伝に。
c0132048_20555026.jpg

c0132048_14433855.jpg


ちびチョウゲンボウも きりりと凛々しく見えます
c0132048_20571017.jpg

c0132048_14445678.jpg
c0132048_1445797.jpg


鈴も、アメリカから取り寄せたものに新調しました。

「鈴は安物じゃなくて かわいい子にはやっぱり 良い鈴をつけなきゃ!」
三枝さんが言っていたことが、今になってよくわかります

鈴って、モノによって全然音が違うんですね。

良い鈴は 澄んだ音色で 音もよく響きます。


今うちのリビングには、3羽猛禽がいまして
つねにチリンチリン・・・鈴がなっている状態だけど
むしろ心地良いのです(^-^)
[PR]
by biker-vet | 2009-12-29 21:01 | ファルコンリー(鷹匠) | Comments(0)


ファルコナー(鷹匠)歴約9年。ハヤブサのトレーニング、病気&健康管理のことなどを徒然なるままに。STOOPERのオーダーメイドグローブ・フードも紹介しています。http://www.stooper.jp


by biker-vet

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

タグ

(81)
(73)
(39)
(35)
(31)
(30)
(29)
(28)
(23)
(18)
(14)
(14)
(10)
(9)
(8)
(8)
(4)
(3)

カテゴリ

全体
ファルコンリー(鷹匠)
鳥の病気・メンテナンス
競技会・イベント
猛禽用グローブ・フード
獣医師
アウトドア
旅行
グルメ
その他
wedding
子宮筋腫
ご挨拶
野生動物・リハビリ
未分類

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
more...

画像一覧

最新のコメント

イッチーさん ルアーパ..
by biker-vet at 07:51
フライトフェスタ参加で御..
by イッチー at 07:44
Naoさん ルアーパス参..
by biker-vet at 22:37
フライトフェスタ参加予定..
by Nao at 11:16
はじめまして。お返事遅く..
by biker-vet at 23:47
いきなりコメント失礼しま..
by 熊谷瞭佑 at 21:40
永橋さん ありがとうご..
by biker-vet at 19:44
NAOさん 書き込みあ..
by biker-vet at 19:30
マロンでルアーパス、Ha..
by NAO at 14:01
イッチーさん 年末はあ..
by biker-vet at 19:30

外部リンク

お気に入りブログ

増山麗奈の革命鍋!
傷病鳥獣のリハビリテイタ...
エトブン社 絵草紙 <<...
muni origina...
NO FALCONRY,...
yoshie,8min....
Le chemin qu...
【笹山RCグライダークラ...
女性犬ぞりマッシャーの日々
kawasemikoの気...
JRF(Japan RA...
ココロフォト
自転車で 行ってきまーす
catering&cra...

検索

ライフログ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

動物・ペット