タグ:チョウゲンボウ ( 23 ) タグの人気記事

シン

シンが入院しました。

27日の夜、家に帰ってきたら朝あげた肉を吐いていたので 夜は絶食させましたが
28日も、肉をミンチにしてあげても全部戻してしまい
ひどい時は水を飲ませても戻してしまい

病院に行って、吐き気止め等 注射で入れてもらい
これで嘔吐が収まってくれることを期待しました

でも28日の夜も ほんの小指の先(1g程度)の肉を食べさせたあと
4時間後の夜中にまた、吐き戻していました

だんだんと元気もなくなって、手に据えても足から力が感じられず
目を閉じていることが多くなり 食欲も廃絶しました

昨日から病院に入院となりました

情けないけど とても不安で 落ち着かないです。

シンの体力と精神力を信じようと思います。


シンの場所がぽっかり空いていて寂しいです
[PR]
by biker-vet | 2010-07-30 07:55 | 鳥の病気・メンテナンス | Comments(20)

sky trials in Japan 2010

先日3月28日、アトリエファルコノイド主催のSky Trials in Japan 2010が、
埼玉県吉見町で行われました。

3月ももう終わりなのに、どんより雲の昨日は真冬の様な寒さ。
(フライトフェスタ リターンズ…)
そのせいか、例年より少なめのようでしたが、
それでも多くのカメラマン、ギャラリー、ファルコナーが集まりました。

主催の杉崎さんは用事があり残念ながら来られなかったので、
急遽旦那(STOOPER石川)が進行を務めることとなりました。
RCグライダーをやってらっしゃるコンノさんが、何故かメガホンを持っていて(!?)
貸していただけて大変助かりました!
c0132048_22341035.jpg



まずはルアーアタックコンテストから。
1位は南野さん。ルアーパス19回でした!(まだまだ飛べそうな勢いでしたが)
c0132048_22491567.jpg


私とチョウゲンボウのシンはというと、2週間ほど飛ばせなかったものの毎日ジャンプアップで筋トレしていたのが功を奏し
今期最高の5回のルアーパスに成功~



c0132048_2251529.jpg


最後は、エアーキャッチでかっこよくキメるぞ!
とやったこともないのに欲をだしたせいで
シンは見事着地失敗、私の頭上に着地・・・かっこわる!
c0132048_22504058.jpg

まぁ、和み系アイドルのシンらしい有終の美?でした


ハイパースカイトライアルズは、どのハヤブサも悪天候のせいか?
なかなか高度が出ませんでしたが、フライトフェスタでも1位に輝いた藤井さんのハヤブサは見事1位に輝きました。
二冠達成おめでとうございます!
c0132048_2252181.jpg


今回は、競技中に野生のハヤブサ&オオタカが絡んでくるという貴重なシーンもあり、
カメラマンにはたまらない光景だったのでは。
野生のハヤブサは鉄塔からものすごい勢いで近づいてきました。
ヒトがたくさんいるのに 何度も近くに飛んできた様子からすると、相当空腹だったのかな。

藤田さんの愛鳥ジーンも格好良いフライトで 
こっちに向かってきたのは すごい迫力だったな~



参加された方は皆、生き生きとした表情で、ハヤブサとの一体感を魅せてくれました。



今年はフライトフェスタとスカイトライアルズ、両日とも競技に参加しまして
まだまだ頼りないルアーリングに見えたでしょうが、
ある種の信頼や自信がもてるようになったことは、大きな収穫です

すんなり出来ないところにこそファルコンリーの醍醐味があるんだよ。
一筋縄じゃいかないから面白いんだし 
そこを楽しまなかったら勿体無いよね。

そんな話でも懇親会は盛り上がりましたが 本当にそうだと思います。


下手な部分も含めて多くの人に見てもらうこともプラスになったと思うし、
できなかった悔しさから「次こそは!」という気持ちになったり 
逆にうまく出来ればモチベーションも上がってさらにがんばろうという気になったり。

猛禽のトレーニングは、競技の結果ではなく、
周りの皆や鳥と一緒に体得した濃密な時間や新たな発見が 一番の収穫なのでは。


皆様 鳥たちも、おつかれさまでした!

来期でまた会えるのを楽しみに、事故や怪我をしないように 
大切な換羽の時期をお過ごしください(^-^)


【写真提供】猛禽屋藤田さん、藤井さん(ありがとうございました!)
[PR]
by biker-vet | 2010-04-01 22:56 | ファルコンリー(鷹匠) | Comments(6)

フライトフェスタ2010まであと2週間

一昨日も茨城に行き、猛禽屋藤田さんたちと一緒にチョウゲンボウ シンとのトレーニングをしてきました。

先週はなかなかの出来だった(?)のに、今週は調子ダウン。

シンの調子はいつも通り良いんです、ダメになったのは私のルアーリング。
「ルアーの振り方が自身なさそう」と言われ、あとで動画を見るとたしかにその通り。

c0132048_2237106.jpg

はげしく内股…

言い訳にもならないけど、近くでずっとトビが飛んでいて、それが気になっていた…というのもあったのだけど。
トビ、2羽で飛んでいて、藤田さんの飛ばしたハヤブサにもしつこく絡んできていたのです。

…にしてもハズカシイ。ちゃんと飛んでくれたシンに申し訳ない気持ちでした。
これはもう、練習あるのみ!ルアーを前に出すタイミング、手の使い方もマスターしなきゃ。

c0132048_855128.jpg


さて、フライトフェスタ2010まであと2週間。
昨年は結婚式の3日前だったこともあって、ブースを出したにもかかわらず商品をほとんど並べられなくて寂しいブースだったなぁ・・・

今年はファルコナーの方だけでなく、一般の方向けの商品も用意するつもりでがんばります
遊びにきてくださいね(^-^)


c0132048_881591.jpg



【フライト・フェスタ2010】

日時:平成22年3月7日(日) 10:00~16:00
場所;千葉県立関宿城博物館イベント広場    千葉県野田市関宿三軒家143-4


主催:猛禽屋
ワールド・ファルコナーズ・クラブ
日本猛禽類倶楽部
    

協賛:うららショッピングモール
    リフォームあさ野
    ㈱ネクストステージ
    YC読売センター野田中央

ハヤブサ(ルアーリング)    
ハヤブサ(スカイトライアル)
オオタカ(タイムトライアル)  
ノスリなど(タイムトライアル)
競技参加以外のフライト   等
[PR]
by biker-vet | 2010-02-23 08:07 | 競技会・イベント | Comments(4)

今年初のルアーパス

昨日は午前中だけ、猛禽屋さんにお邪魔しました。
ハヤブサのライカの訓練と一緒に、
チョウゲンボウのシンの、今年初のルアーパスの訓練をさせてもらいに・・・

ハヤブサ、ライカのトレーニングは、旦那がブログで紹介しています(動画あり)


シンは先日、フリーにした際、直線でのルアーキャッチは成功していましたが、
ルアーをかわしたときに、どうなるか…

ちゃんとルアーを追ってきてくれるか、不安はありましたが
猛禽屋 藤田さんをはじめ、出猟中のみなさんが見守っていてくれたので
へなちょこながらも、ルアーを振ることができました。

シンは予想以上に良い飛びをしてくれて、3回のルアーパスに成功!

もうちょっと体力を付けないとという感じではありますが、
それより問題は私の下手なルアーリングでした(^^;がんばろう。。。

チョウゲンボウならではのフライトをさせるためのアドバイスを藤田さんにいただいたので、
今度はそれにトライしてみます!

c0132048_2342920.jpg
c0132048_23422265.jpg

プルプル… おつかれさん!


c0132048_23431474.jpg

狩場で出会った散歩中の黒うさぎさん

c0132048_23452777.jpg
c0132048_23453584.jpg

藤井さんの手から飛び立つハリスくん

c0132048_23461838.jpg

親子で鷹狩り
c0132048_23455911.jpg

[PR]
by biker-vet | 2010-02-01 23:50 | ファルコンリー(鷹匠) | Comments(0)

ライカとシンのフリーフライト

昨日は朝5時起きで、茨城の猛禽屋さんへいきました。
狩りに同行&ハヤブサのライカとチョウゲンボウのシンのトレーニングをするためです。

朝はめっちゃ寒かった(*_*) けど、冬晴れの一日で、昼間は穏やかな気候でした。


狩りに行く前に、ライカとシンのトレーニングをさせてもらいました。

ライカのトレーニングを、フリー(紐なし)になってから見るのは初めて。
私はどきどきしながら動画のスイッチを入れ、見守りました。




・・・驚いた。

ファインダー越しに映ったのは 私の知らないライカでした。

力強いフライトで、何度もルアーにアタックしています。


今の家の近くにはハヤブサを飛ばせるような広い場所がないので、
ダンナは貴重な休みの日でも朝早く起きて、茨城の猛禽屋まで車を走らせて
藤田さんに付き合ってもらい、ライカのトレーニングをしていたのです。

いつのまにか、こんなに飛べるようになってたんだ。
めざましい進歩だ!感動です(^-^)


次は私の番。
シンは今シーズンはじめてのフリーフライト。

昨年シンをロストしてから、自信を無くしていたし、シンがどこかに飛んでいくんじゃないか…という不安もあって とにかく緊張しましたが。。。

c0132048_22471114.jpg


シンはすぐにスタートしなかったものの、飛び立ってからは一直線にルアーに向かってきて、
無事キャッチ。

ルアーのエサを食べ終わって、手に戻ってきたときは、一気に緊張がとけました
c0132048_22464391.jpg


「フリーにするの久々だから シンも忘れてたかな・・・」
といったら藤田さんが
「鳥は大丈夫だよ、忘れないから」と。
きっと、問題があるのは人間(私)のほうで、
シンは今年はじめてだからと言っても 昨年のこともちゃんと覚えているんでしょうね。

c0132048_2246249.jpg

[PR]
by biker-vet | 2010-01-10 12:34 | ファルコンリー(鷹匠) | Comments(10)

2010年のごあいさつ

あけましておめでとうございます。


お互いの家族のところへ年始の挨拶に行って
おせち、スペアリブの煮込み、すき焼き、、、その他美味しいものをたくさん食べ、肥え、
猛禽たちのトレーニングして
あっという間の年末年始でしたー

猛禽たちも元気です
c0132048_2201026.jpg

c0132048_2202587.jpg

マーリンのまーこ がんばってますよー


うさぎのつとむ(11歳)も 無事お正月を迎えることができました。
c0132048_2203665.jpg


それから、もうじき、お義姉ちゃんが出産予定です。
逆子が治らなくて心配してたけど 儀式的な治療で治ったそうで(笑)よかったよかった

いま、とっても楽しみにしている自分がいます。
最近、友達の赤ちゃんもかわいいなーと思うようになってきました。


昨年は結婚式やパーティーでバタバタと過ごしたけど
引越しも終わったし 時間を有効に!を目標に。
ファルコンリーも いろいろ挑戦したいことがあります。

本年もどうぞよろしくお願いいたします(^0^)
[PR]
by biker-vet | 2010-01-05 22:11 | ご挨拶 | Comments(2)

かわいい子には・・・

チョウゲンボウのシン&保護中ちびチョウゲンボウの
アンクレット、ジェスを新しく交換しました
今回は自分でジェス&アンクレット作ってみました(叱咤されつつ・・・)

c0132048_205512.jpg

c0132048_14471332.jpg


シンのアンクレットは、印伝に。
c0132048_20555026.jpg

c0132048_14433855.jpg


ちびチョウゲンボウも きりりと凛々しく見えます
c0132048_20571017.jpg

c0132048_14445678.jpg
c0132048_1445797.jpg


鈴も、アメリカから取り寄せたものに新調しました。

「鈴は安物じゃなくて かわいい子にはやっぱり 良い鈴をつけなきゃ!」
三枝さんが言っていたことが、今になってよくわかります

鈴って、モノによって全然音が違うんですね。

良い鈴は 澄んだ音色で 音もよく響きます。


今うちのリビングには、3羽猛禽がいまして
つねにチリンチリン・・・鈴がなっている状態だけど
むしろ心地良いのです(^-^)
[PR]
by biker-vet | 2009-12-29 21:01 | ファルコンリー(鷹匠) | Comments(0)

鳥の目には

旅行記はちょっとお休みで・・・


ルーシー先生のブログを読んでたら、鳥について色々と興味深いことが書かれていて
鳥の視覚についても書かれてました。

鳥は、人間が見ることがでいきる赤・青・緑のほか、紫外線(UV)と蛍光色が見えるんだって。
この5色のなかから、組み合わせで4色を見てるそうです へぇー(`O`)

そういえば、チョウゲンボウも
主食であるげっ歯類の尿が反射する紫外線を捕捉し、狩りに役立てているらしい・・
広い草原の中で、ネズミの尿が図のように浮かび上がるのだとか・・・芸術的。

そのほかにも
「雛の口は蛍光色を発する色になっていて、この色が親鳥が餌を吐き戻す、視覚的刺激になっている」
そうです。
生物というのは本当によく出来てるなーとおもいます。


シンたちには、どんな世界が見えているのかな?
c0132048_1314022.jpg

c0132048_13172135.jpg




明日は「傷病野生鳥獣救護の現状と今後の課題」というシンポジウムに参加してみまっす
午前中の「鳥の骨折治療」にも参加します
今日はちょっと教科書をひらこう(@-@)
[PR]
by biker-vet | 2009-09-26 13:03 | ファルコンリー(鷹匠) | Comments(4)

おかえり、シン

「シンが見つかった」

と言われても、最初は信じられず
亡骸が見つかったのかと思ったのだけど
シンは、生きているとのことだった。

でも、まだ安心はできない。
5日間の絶食は、あの小さい身体には相当なダメージを与えているはずだった。

職場を早退させてもらい、すぐに保護してくださっている人のもとへ向かった。



シンが保護されたのは、家から1kmほど離れた、商店街に近い場所だった。
小学生が取り囲んでいたところを、スポーツの専門学校生が保護してくれていた。

ちょうど、その専門学校のそばに貼り紙を貼っていたのを見てくれていた人だった。
最後の最後に、貼り紙をしたところだった。


命の恩人に御礼を告げ シンの入ったダンボールを受け取った。
シンはちゃんと生きていた。
でも、目には元気がない。


タクシーをつかまえ、自宅へと急いだ。
こうしてシンが戻ってきたのは 奇跡だと思った。
そしてそれは、旦那も書いているが、三枝さんがきっとシンを助けて私たちのところに戻れるよう導いてくれたのだと思わずには居られなかった。
なんとしても、シンの命はつなげなきゃと思った。


頼りにしている猛禽類の獣医師、falconestの伊澤先生にまず電話をして、状況を説明した。
いつもと同じ環境にしてなるべくストレスを与えずに、エサをあげてみて様子をみようということになった。


自宅についてエサを準備して、細かく細かく切ると、
その音に反応したシンはひどく欲しがる。
でも、ここでたくさんあげちゃいけない。

飢餓状態の身体は代謝が落ちているため、
急に大量のエサを摂取した場合それを消化できず、
そ嚢で食物が腐ってしまう「酸敗そ嚢」を起こす。

一度に食べさせるのは少量づつにし、数時間置いて、そ嚢を食べ物が通過したのを確認してから、また少量与える。

c0132048_22291867.jpg



2日間はミンチの肉を少量づつ与えて、すこしづつ肉を大きくし、量を増やしていった。

保護したときの体重は138g。
今の時期は170gでキープしていたので、思ったより減っていなかったのが意外だった。

3日後に吐き出されたペリット(未消化物)を分解してみると、
コガネムシの破片のようなものが出てきた。
c0132048_2230337.jpg


シンは虫を食べて、命をつないでいたのかもしれない。
活餌のコオロギを使って狩りの真似事はさせていたのだけど、
それが案外役に立ったのかな。


シンのろう膜は傷があり、かさぶたになっていた。
尾羽根もほぼ全部無くなっていた。
c0132048_2231192.jpg


もしかしたら、何かに追われた時にでもついた傷なのか…。
5日間、どこにいて、どんな経験をしたのか…
どういう経路で、あの保護された場所に行ったのか。

私には知る由もないけれど、
いまこうして日記を書いている自分の横に、シンが居る。
それだけで十分。


見つけて保護してくれた専門学校生の男の子はもちろん
きちんと話を聞いてくれて対応してくれた警察官や
快く貼り紙を貼ってくださったコンビニの店員さんや
「見つかった?」と声をかけてくださった近所の方々

みんな優しくしてくれました。

そして、落ち込んでいる私を励まして支えてくれた友人、
日記を読んでコメントをくださった皆さん、
色々な人のおかげで、シンも私も元気になることができました。

本当に本当にありがとうございました。
[PR]
by biker-vet | 2009-07-02 22:31 | 鳥の病気・メンテナンス | Comments(8)

シンの捜索【2016年1月追記】

チョウゲンボウのシンをロストして、眠れずに迎えた次の日。
天気は朝から雨。

「こんな日は飛ばないでじっとしているよ」
という旦那の言葉を信じて、できることをすることにした。
貼り紙を作成して、近くのコンビニやバス停、電柱などに貼りに行った。

警察などにも連絡をいれた。

祈るような気持ちで、貼り紙をしながら捜索したけれど、
この日もシンの姿はどこにも見当たらなかった。


ロストしたのは、「今からエサをあげよう」と思っていた矢先のできごとだった。
シンは、金曜の夜からもう2日間食べていない。

前日の夜あげていても 次の日の朝にはお腹すいたと、ピイピイ鳴く甘えん坊のシン。
きっとお腹を空かせているだろうと思うと 胸が締め付けられた。




また一夜が空け、月曜日。
仕事を休み、捜索を続けた。

「シンは、ヒナから育ててるし、あんなに人に慣れていたんだから、お腹が空いたら必ず人の所に行くから」

旦那の言う言葉を何度も反芻して、シンの生存を信じようと必死だった。

「私が諦めたら終わりだ」
「シンは見つけてもらうのを待っているんだ」
そう言い聞かせて とにかく歩き回り 貼り紙を貼る。シンが居そうなところは無いか、上を見上げ探す。

だけどこの日も、何も手がかりは得られなかった。



あの小さい身体で、いつまで体力が持つだろうか?
体力が無くなって飛べなくなったところを 猫やタヌキに襲われていたら?
すでに車に轢かれたかもしれない

だんだんと絶望の色が濃くなってきて、ポジティブなことが考えられなくなってきていた。




何の情報も得られないまま、水曜日になった。
私はすでに、もうシンが生きている可能性は数%だろう、と思うようになっていた。

「死体が見つかったとか、決定的なことが無いかぎり、俺は諦めない」
そういう旦那の言葉も、私には半分しか耳に入らなくなっていた。

メソメソしていたらいけない。見つかるものも見つからなくなってしまう。
そう思っても、涙が出て、ため息が止まらなかった。


家に居て 来るともわからない連絡を待つのは気が狂いそうだったので、
職場に行き、頭は働かないまま資料を眺めていた。
そのとき電話が鳴った。
旦那からだった。


「シンが見つかったぞ」
[PR]
by biker-vet | 2009-06-28 21:53 | ファルコンリー(鷹匠) | Comments(6)


ファルコナー(鷹匠)歴約9年。ハヤブサのトレーニング、病気&健康管理のことなどを徒然なるままに。STOOPERのオーダーメイドグローブ・フードも紹介しています。http://www.stooper.jp


by biker-vet

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

タグ

(82)
(75)
(40)
(35)
(32)
(31)
(29)
(28)
(23)
(18)
(14)
(14)
(10)
(9)
(8)
(8)
(4)
(4)
(1)

カテゴリ

全体
ファルコンリー(鷹匠)
鳥の病気・メンテナンス
競技会・イベント
猛禽用グローブ・フード
獣医師
アウトドア
旅行
グルメ
その他
wedding
子宮筋腫
ご挨拶
野生動物・リハビリ
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
more...

画像一覧

最新のコメント

イッチーさん ルアーパ..
by biker-vet at 07:51
フライトフェスタ参加で御..
by イッチー at 07:44
Naoさん ルアーパス参..
by biker-vet at 22:37
フライトフェスタ参加予定..
by Nao at 11:16
はじめまして。お返事遅く..
by biker-vet at 23:47
いきなりコメント失礼しま..
by 熊谷瞭佑 at 21:40
永橋さん ありがとうご..
by biker-vet at 19:44
NAOさん 書き込みあ..
by biker-vet at 19:30
マロンでルアーパス、Ha..
by NAO at 14:01
イッチーさん 年末はあ..
by biker-vet at 19:30

外部リンク

お気に入りブログ

増山麗奈の革命鍋!
傷病鳥獣のリハビリテイタ...
エトブン社 絵草紙 <<...
muni origina...
NO FALCONRY,...
yoshie,8min....
Le chemin qu...
【笹山RCグライダークラ...
女性犬ぞりマッシャーの日々
kawasemikoの気...
JRF(Japan RA...
ココロフォト
自転車で 行ってきまーす
catering&cra...

検索

ライフログ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

動物・ペット