「ほっ」と。キャンペーン

<   2015年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

新型ノロを世界で初検知 川崎市

c0132048_08561857.jpg


川崎市健康安全研究所 新型ノロウイルス発見(読売新聞 2015年10月27日)

新型ノロを世界で初めて発見 川崎市職員5人表彰(神奈川新聞 10月27日)





[PR]
by biker-vet | 2015-10-30 08:46 | 獣医師 | Comments(0)

ナナとのお別れ(2015年9月,10月 解剖所見 中毒について追記)

2011年5月29日

久しぶりの日記になってしまったのには、時間が取れなかったのもあるし

もうひとつは、我が家の鳥が 亡くなったということがありました。

c0132048_9223119.jpg


マーリン(コチョウゲンボウ)の、ナナ。
昨年 我が家に来た子でした。
その羽根の色、くちばしの感じから、年齢が高いんだろうなと推測していたけど、

我が家で一番、食欲旺盛で
エサの用意をすると一番にばたばたと反応して ごはん!!とせがむ
元気な子だった。

ある日突然、食欲が落ちて、エサを残したので
あれ?
と思って
ふと気づいたときは尿酸がライムグリーンの、いわゆる「非常に悪い」異常便。

c0132048_9184041.jpg


そのあとは 食べたエサも吐いてしまい、目をしょぼしょぼさせて、
一気に具合が悪くなってしまいました。

その日の夜 病院に連れて行って
即入院したのですが
次の日の夕方 先生から電話があり
つい先ほど息をひきとった…と。


あまりにも早い展開に、正直呆然として
現実を受け入れづらいものがありました。


原因究明のため、剖検をおねがいしました。

結果は、「動脈硬化が疑わしい」
とのこと。
動脈硬化は
高齢の鳥ではたまにあると。
(※2015年9月 10月 下に追記あり)

そのほか、細菌やウイルス感染の可能性
テフロン加工等のフライパン加熱(ポリテトラフルオロエチレン:PTFEガス)や スプレー等のガスによる中毒
なども考えられる原因としてはあるとのことでした。

吸入中毒は思い当たる節がなかったけど
(※2015年9月 下に追記あり)
ウイルスの可能性…というのには どきっとしました。

じつは、チョウゲンボウのシンも、ナナが具合悪くなる2週間ほど前からまた
血の混ざった粘膜便をしていたので
病院にかかっていました。

でも薬(抗生物質等)があまり効いてないようで
薬あげ始めてから1週間たってもまだ便の調子がよくなかった。

もしかしたらナナと同じ原因かもしれない…と ほかの感染性のモノや中毒も疑い
ナナの亡くなった次の日、急いで、豪徳寺のリトル・バードにて、シンの糞便検査をもう一度してもらいました。

幸い…というのも変だけど
コクシジウム(寄生虫の一種)が検出されたのですよ、シンから。
なので、ちょっとだけ、安心したというか…
シンは今はコクシの治療をしています
症状は改善してきています。

もちろん、ウイルス性の感染症の可能性も、無きにしもあらず…
なので、もしそうだった場合
ナナの身体は、接触させると ほかの鳥たちへの感染源になりかねない。

それもあり
ナナは、剖検後、お骨にしてもらうことにしました。


お骨にしてもらうということは、
なんというか、仏教的な考えなのかもしれないけど
天に昇っていって輪廻転生する姿を想像することで
自分自身の中での心の区切りになるような気がします。

お骨が戻ってきたら、
お供えをしてあげようと思ってます。

生肉はさすがに 厳しいので
ナナの胸元の色のような、
綺麗な山吹色の花でも 供えようと思います。

c0132048_918353.jpg

※2015年9月
1)病理検査報告書

解剖所見
心臓:両側腕頭動脈の肥厚・効果++
肺:鮮紅色++
腹大動脈:肥厚・硬化+
肝臓:暗赤色+++、腫大++
脾臓:暗赤色++
腺胃:内容物なし
筋胃:粘膜面に黄白色の粘ちょう液付着+
腎臓:暗赤色化+


2)吸入中毒は思い当たらない、と書いていますが
鳥は、吸入毒性に対しては非常に感受性が高いため、否定はできません。
殺虫剤、芳香剤、ニス、ラッカー、スプレー、などでも中毒を起こす可能性があります。
人間が気づかず日常使っているものが、中毒の原因になっている可能性があります。
我が家でも、鷹道具作りで革の染色材や接着剤を使うこともあり
もしかしたらそうしたことが、小さいナナの身体に大きなダメージを与えていたかもしれません。



※2015年10月
3)鉛や亜鉛などの金属を摂取したことによる急性中毒(鉛中毒)や亜鉛ちゅうどだった可能性も否定できないように思います。
鉛中毒は、通常 固形の鉛を摂取することで発症しますが 
それ以外にも、
鉛が基剤の塗料(ニス・ラッカー)など 鉛を含むものは日常に存在しており
目に見えないところで暴露している可能性があります。

レントゲンに写ることもありますが、写らない場合もあり、はっきりした原因が不明な場合も多いようです。
溶血症状(赤血球が破壊される)、消化器症状、神経症状、腎不全などが見られることが多いようです

・突然の発症で、肉付きは良好、急に具合が悪くなった
・便ではなく、尿酸の色がライムグリーン(通常は白)
・解剖所見
から、鉛中毒だったという可能性もあるのではないか…と、今更ながら思いました。

飼い主が死なせてしまったかもしれないと考えると 苦しいのだけど
記録を残すことで 同じような事例で苦しむ鳥を減らすことにつながれば。

上記のような場合は、いちもくさんに病院へ行くことをおすすめします

[PR]
by biker-vet | 2015-10-22 07:29 | 鳥の病気・メンテナンス | Comments(6)


ファルコナー(鷹匠)歴約9年。ハヤブサのトレーニング、病気&健康管理のことなどを徒然なるままに。STOOPERのオーダーメイドグローブ・フードも紹介しています。http://www.stooper.jp


by biker-vet

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

タグ

(81)
(73)
(39)
(35)
(31)
(30)
(29)
(28)
(23)
(18)
(14)
(14)
(10)
(9)
(8)
(8)
(4)
(3)

カテゴリ

全体
ファルコンリー(鷹匠)
鳥の病気・メンテナンス
競技会・イベント
猛禽用グローブ・フード
獣医師
アウトドア
旅行
グルメ
その他
wedding
子宮筋腫
ご挨拶
野生動物・リハビリ
未分類

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
more...

画像一覧

最新のコメント

イッチーさん ルアーパ..
by biker-vet at 07:51
フライトフェスタ参加で御..
by イッチー at 07:44
Naoさん ルアーパス参..
by biker-vet at 22:37
フライトフェスタ参加予定..
by Nao at 11:16
はじめまして。お返事遅く..
by biker-vet at 23:47
いきなりコメント失礼しま..
by 熊谷瞭佑 at 21:40
永橋さん ありがとうご..
by biker-vet at 19:44
NAOさん 書き込みあ..
by biker-vet at 19:30
マロンでルアーパス、Ha..
by NAO at 14:01
イッチーさん 年末はあ..
by biker-vet at 19:30

外部リンク

お気に入りブログ

増山麗奈の革命鍋!
傷病鳥獣のリハビリテイタ...
エトブン社 絵草紙 <<...
muni origina...
NO FALCONRY,...
yoshie,8min....
Le chemin qu...
【笹山RCグライダークラ...
女性犬ぞりマッシャーの日々
kawasemikoの気...
JRF(Japan RA...
ココロフォト
自転車で 行ってきまーす
catering&cra...

検索

ライフログ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

動物・ペット