<   2010年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

シン、さらに検査

しばらく調子の良かったシンですが、容態がまた悪化し
血便が再発しました。

嘔吐は無く、食欲もありますが、先週1回と、おととい昨日、血便が見られました。


抗生物質は、毎日与えていたし、肉も綺麗に処理して気をつかってたのに…

そんなわけで、
診て貰っている病院の院長先生に相談し、糞便をさらに特殊検査に出して細かく調べてもらうことに。

何の細菌やウイルスが悪さをしているかを同定するための検査です。

症状等から、抗酸菌ていう菌の存在も疑われるため、調べることになったのですが、
こいつの有無を調べるのは、培養が難しいためPCR検査
以前にPCRソングを載せましたね、あれです)とのことなんだけど

このPCR検査、かなりお高くて びっくり!!

だいたいこのくらいかなーとか予想してたんだけど、その想像の3倍くらいだった...

これからは贅沢禁止。
頑張って稼がにゃ。


ちょっと前に、赤坂「牛の蔵」にて
ほっぺた落ちる美味さの鹿児島牛を頂いたときの写真を撮っておいて良かった。
これをオカズにして白米を… 
うっうっうっ
c0132048_23194787.jpg




まぁ シンの腸がこんなズタボロの状態でいることは いたたまれないし
健康に、長生きしてもらうことが一番だから。

c0132048_23135796.jpg

 

シンはあまりマウスを与えても喜ばなかったのですが、
そうも言ってられないので SPFマウス(病原菌のいないクリーンな冷凍マウス)も注文しました
食べてくれよー
[PR]
by biker-vet | 2010-08-29 23:14 | 鳥の病気・メンテナンス | Comments(6)

yoshie×伊勢丹" Kiss the Earth " キャンペーン‏

伊勢丹で、" Kiss the Earth " 地球に優しいキスを・キャンペーンが始まりました。

そのキャンペーンの一環で、 極東ロシアの森の動物や植物をモチーフにしたハギレアーティストたちによるアート作品のチャリティ販売が、伊勢丹新宿店限定で行われています。


極東ロシアの動物たち
アムールヒョウ シマリスをはじめ たくさんの動物を アーティストさんが作品にしています


友人のyoshieも、アーティストとして参加しています(^0^)
詳しくはこちら


c0132048_19534441.jpg



チャリティ金はWWFジャパンに寄付され、極東ロシアの「アムールヒョウの森」 回復・保護プログラムほか、危機に瀕するアジアの森林保全活動に役立てられるそうです。

シカ、クマゲラ、シマリス、モモンガ、ユキウサギ・・・
どれも温かみがあって かわいい!


そして
2010/08/25 (wed) - 09/21 (tue) 
伊勢丹新宿店本館ショーウィンドウや各階で展示後, 抽選販売 
とのことで実際に作品を買えるチャンスもあるみたいです!

新宿伊勢丹 お近くまで行かれた際は是非 足を運んでみてください(^-^)
[PR]
by biker-vet | 2010-08-27 19:45 | その他 | Comments(2)

あたらしい家族

シンのことで のびのびになってしまったけど
我が家の新しい家族の紹介です。

今年生まれの
ラナーハヤブサのエースくん。
c0132048_21201347.jpg


おなかがいっぱいになるとすぐ言うことを聞かなくなって
ダイブして暴れるし

フードも 最初は暗い場所に連れて行かないと
おとなしくかぶってくれなかったけど
今はだいぶ 慣れてきて明るいところでも被ってくれるように。

 
まずは体重をフルウエイトに持っていって
そこから、ウエイトコントロールして、トレーニングしていくそうです
c0132048_21204626.jpg


 まだまだこどもの鳴き声で ピィピィ鳴いてますが
  どんなフライトを見せてくれるかな。
  これからの成長が 楽しみです。


ところで 我が家の家族(ハヤブサ)の数。指数関数的に増加しているような…
微生物でも無いのに…

…来年のことは考えないようにしよ。
[PR]
by biker-vet | 2010-08-22 21:21 | ファルコンリー(鷹匠) | Comments(8)

シンの容態

小さいころ じぶんの具合が悪いってことが理解できなくて、
なんだかへんな感じだな・・・と思っていても親に伝えられなかった。

その日の夜、吐き気が止まらずに何度も何度も戻して、ぐったりして、救急で病院に運ばれた。

タオルケットにくるまれて母に抱かれてタクシーに乗ったこと 手の甲からの点滴の針が痛かったことを 思い出した。

あの時、母にすごく心配させたかもしれないな
私も今回すごくシンのこと心配だったから。



生きた心地のしない数日間でしたが、、、
チョウゲンボウのシン、生還しました。

よかった… 
助かる確率は5分5分くらいか…と 思っていたけど

「リトルバード」の院長先生に命救ってもらいました。

血液検査の結果は…
白血球の増加(特に慢性炎症の際増加する「単球」という種類の白血球が増加)
尿酸↑ Ca(カルシウム)↑ P(リン)↑…腎臓へのダメージがあったことを示す
K(カリウム)↑…人では心臓に障害がおよぶ(心停止?)レベル…


嘔吐、食欲廃絶、便も内容物の出てない、胆汁だけのものだったことから
最初は腸閉塞も疑いましたが、
強制給餌で液状の餌から徐々に固形の餌を与えていっても、嘔吐が見られなかったので
「腸炎が疑わしく、そこから敗血症までいっちゃってたのかもしれないね」
とのことでした。

※敗血症…細菌によって引き起こされた全身性炎症反応症候群であり、感染症が全身に影響を及ぼしている状態。
感染が起きると、局所で炎症が発して、やがて鎮静して治癒(ちゆ)します。しかし、微生物の勢いが強かったり、宿主の免疫力が弱ければ、炎症が治まらずに全身に波及します。これが敗血症です。本来、宿主を治すために生じる炎症ですが、これが強くなりすぎると歯止めがきかなくなり、宿主は消耗し障害されます。生体は恒常性を維持するために、1つの働きが強くなりすぎないよう、これ を抑える逆の働きをもちます。フィードバック機構といいますが、敗血症ではいまだ完全には解明されていない理由で、これがうまく作用せず、際限なく炎症が強くなります。その結果、宿主は自らの炎症反応で自分を破壊してしまうのです。
非常に重篤な状態であり、無治療ではショック、播種性血管内凝固(DIC)、多臓器不全などから早晩死に至る。もともとの体力低下を背景としていることが多く、治療成績も決して良好ではない。急激に腎不全・呼吸不全・心不全などを合併する恐れがあり、ICU等において全身状態の集中的な管理が必要。



輸液、抗生物質・腎臓等の注射、強制給餌等を行い、1週間。
毎日 病院に電話してシンの容態を聞きました。

今日は吐いてないですよ、自分で肉を食べましたよ、、、と獣医師に電話越しに言われたときは 
ほっとして力が抜けへたり込みそうにりました。
「獣医師の一言が こんなにも飼い主を安心させるんだなぁ」
ということにも改めて気づかされました。


まだ投薬は続けています。食は細いですが、シンは自分から食べています。
しばく通院で様子見です


自分の恥を晒しますが 
シンは、1ヵ月ほど前から、たまにこんな便をしていました。
c0132048_23101611.jpg

1週間前にしたのが一番ひどい状態でした
そもそもこんな便が出た時点で、病院に連れて行くべきでした。



飼育下の個体は、野生に比べ、免疫力が弱いことがあるそうです。

シンもそうですが おなかの弱い子に与えるえさには特に注意をしなければ。
ウズラ肉はその飼養状況からして、身体に付着している菌も多いので、与える前に皮を剥いた後も一度肉を洗うこと。
弱っているときは、菌の少ないと思われる肉→(スーパーで売っているヒト用の)ササミや 清潔な環境下で飼育されたマウス等を与えると良いとのこと。

内臓除去した肉を食べさせているとどうしても栄養が偏るので、ネクトンなどのサプリメントは必須。
うちは週2回ほど与えるようにしています。


飼われている猛禽の体調不良、コメントでもありましたが 多いようですね。
この猛暑で、生肉の中の細菌も増えやすいでしょうし、暑さから体調を崩してしまう猛禽も特に多いのかもしれません。
動物の熱中症もかなり多いみたい。
とにかく おかしいなと思ったら 様子を見るのではなくすぐに病院へ・・・が大事ですね。



心配してくださったみなさん ありがとうございました。
たくさん励まされました。

シンは幸せ者です。
c0132048_23115137.jpg

[PR]
by biker-vet | 2010-08-11 23:29 | 鳥の病気・メンテナンス | Comments(10)


ファルコナー(鷹匠)歴約9年。ハヤブサのトレーニング、病気&健康管理のことなどを徒然なるままに。STOOPERのオーダーメイドグローブ・フードも紹介しています。http://www.stooper.jp


by biker-vet

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

タグ

(82)
(77)
(40)
(35)
(32)
(31)
(31)
(28)
(23)
(18)
(14)
(14)
(10)
(9)
(8)
(8)
(4)
(4)
(2)
(1)

カテゴリ

全体
ファルコンリー(鷹匠)
鳥の病気・メンテナンス
競技会・イベント
猛禽用グローブ・フード
獣医師
アウトドア
旅行
グルメ
その他
wedding
子宮筋腫
ご挨拶
野生動物・リハビリ
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
more...

画像一覧

最新のコメント

イッチーさん ルアーパ..
by biker-vet at 07:51
フライトフェスタ参加で御..
by イッチー at 07:44
Naoさん ルアーパス参..
by biker-vet at 22:37
フライトフェスタ参加予定..
by Nao at 11:16
はじめまして。お返事遅く..
by biker-vet at 23:47
いきなりコメント失礼しま..
by 熊谷瞭佑 at 21:40
永橋さん ありがとうご..
by biker-vet at 19:44
NAOさん 書き込みあ..
by biker-vet at 19:30
マロンでルアーパス、Ha..
by NAO at 14:01
イッチーさん 年末はあ..
by biker-vet at 19:30

外部リンク

お気に入りブログ

増山麗奈の革命鍋!
傷病鳥獣のリハビリテイタ...
エトブン社 絵草紙 <<...
muni origina...
NO FALCONRY,...
yoshie,8min....
Le chemin qu...
【笹山RCグライダークラ...
女性犬ぞりマッシャーの日々
kawasemikoの気...
JRF(Japan RA...
ココロフォト
自転車で 行ってきまーす
catering&cra...

検索

ライフログ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

動物・ペット