<   2010年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

水浴び日和

c0132048_22551065.jpg

c0132048_22532489.jpg

良い天気の一日でしたね。水浴び日和。
マーリンのマーコも、気持ちよさそう。





口蹄疫、ついに豚にも…
豚は牛よりもウイルス排出量が多く、拡まり方が牛の比ではないらしい。
そのわりに あまり話題になってないような?政府の意識が低い気がする…
かなり非常事態と思うんだけど
すでに被害は甚大です。

多くの獣医師や担当者が徹夜で働いています
国の協力、はやい収束を祈るばかりです。


**************

JRFの野生猛禽類救護blog更新しました
長期保護ノスリの放鳥
[PR]
by biker-vet | 2010-04-29 22:53 | ファルコンリー(鷹匠) | Comments(0)

捨てられる命のためのTシャツ

うさぎのつとむのおしりの経過は良好です!

やっぱり、毛を刈ったのは 良かったようです。

それから、スーパートイレシーツ!
これもかなりの優れものでおしっこは即吸収し、踏んづけても後戻りが少ない。

ちょちょっと洗えばすぐに綺麗になり、乾きも早いです。
(洗うのもそんなに苦じゃない)

ポンポリースというメーカーが出しています。
動物の介護にはオススメです。

もちろん介護でなく、普段の生活にもよさそう。
ペットシーツ毎日たくさん使う場合は、こっちのほうが低コストじゃないかな。


そんなわけで我が家のつとむも、皮膚が濡れることなく、
乾燥した良い状態を保てています。

このまま管理出来ていれば、もう投薬は必要なく、
おしりの消毒は汚れたときのみ行うこととして、
あとはまたおしりの毛が伸びてきて汚れるようになったら毛刈りする・・・
という感じで維持したいと思います。

アドバイスがご心配いただき、ありがとうございました!
つとむも ありがとー!むっむっ 
と言っております。

c0132048_1052574.jpg


さてウサギといえば、私、以前捨てウサギの保護活動をしていたことがあります。
(いま、捨て犬や捨て猫のように捨ててウサギというのがいるんです。しかもたくさん…)


そのとき、イラストレーターのyoshie
にデザインをお願いして、チャリティーTシャツを作りました。
c0132048_10142275.jpg

(↑そのときのyoshie blogより)

今は、ウサギの保護活動等を精力的に行っている大阪NPO法人、LOVE&PEACEさんに、
販売をお願いしています。
c0132048_10165965.jpg


このTシャツ かわいい上に目立つし
生地が丈夫で洗ってもよれません♪
(毎日Tシャツ何枚も使うフィットネスジムのインストラクターさん達にもかなり好評らしい♪)

キッズ用もあるので、親子で着てくれる人もいて
私はいつも友人の出産祝いにプレゼントしてます。

Tシャツの売り上げの一部は
捨てられたウサギの医療費、飼育費、物資の購入や輸送費、
遺棄されるうさぎをなくしていくための啓蒙運動
等に使わせていただいています。


ブームになると、たくさん繁殖されたたくさんの命が売られていく。
その裏側で、こうやって捨てられる命もたくさんある。

そうして、捨てた本人は悲惨な死に方をする自分のウサギの顛末を知ることなく、その尻拭いは、LOVE&PEACEさんのようなボランティアや、動物病院の獣医師や、保健所職員なんかが行うわけです。

そういう命がなくなるようにするには?
多くの人の気持ちを集めてくれるのが、このうさぎTシャツなのかなと思ってます

LOVE&PEACEさんのHP(Tシャツ販売ページ)はコチラ
[PR]
by biker-vet | 2010-04-17 10:07 | その他 | Comments(0)

藤田センセイの繁殖学講座

もう3月の話ですが、
猛禽屋 藤田さんのところへ、獣医師の友達二人を連れて遊びに行ってきました。
せっかくなので、藤田さんにお願いして、貴重な人工授精を見学させていただきました。

内容は シークレットですが 
牛の人工授精は見たことあっても鳥の人工授精なんて見るのは初めてで、
私も友達も 簀巻きにされた猛禽ちゃんのあられもない姿を舐めるように観察しちゃいました。
c0132048_21394378.jpg

c0132048_21395985.jpg


手際よい手技。
センスも絶対必要なんだろうなぁ。

エストロゲンやアンドロゲンなどのホルモンの複雑に絡み合った仕組みに 生物の身体はシステマチックに制御されているけれど、いくつもの要因が重なったときにだけ命が創られるというのは、科学的だけど、非常に神秘的でもあります。

日本では猛禽類の繁殖について研究しているのは、猛禽屋藤田さんのところ以外にほとんど無い。
今後もまたぜひ勉強させていただきたいです


研究所にもお邪魔して、産まれたばかりの雛も見させていただきました(^^
c0132048_21403766.jpg

こんなにちっちゃいのに、ちゃんとクチバシがあって、ご飯をたべて動いてるんだなぁ。


ルーシー先生(私の先輩で英会話の先生でもある)は、ちょうどオウムの繁殖学の翻訳の仕事をしていたとのことで、
孵化について興味深そうに藤田さんに質問していました。
c0132048_21405375.jpg




午後は、フランスからの留学生(?)ビンセントの送別会。
c0132048_21411762.jpg


ぷりぷりのカキやホタテ、肉厚なしいたけ、そして鴨肉も…
とっても贅沢なバーベキューでした。
c0132048_21415266.jpg

c0132048_2142244.jpg

c0132048_21421722.jpg

ビンセントげんきかなぁ!



野生猛禽救護団体JRFの活動日誌も更新しました!
[PR]
by biker-vet | 2010-04-16 08:43 | ファルコンリー(鷹匠) | Comments(2)

老兎つとむの介護

c0132048_22304244.jpg

我が家のうさぎのつとむ、いよいよ介護が必要になってきました。
もう12歳。お尻が上げられず、お尻が常に尿や軟便で汚れてしまっている。

実家に帰ったときには、私がお尻のケアをしているけど、
両親だけではなかなか難しいらしい。
私も毎日実家にいけるわけではないので、なるべくまめにチェックしてもらうようにしていたけど、汚れはだんだんひどくなってしまい
先週、皮膚がただれて 壊死してしまっていることが判明した。

とりあえず病院でお尻の毛は これ以上尿がつかないようにバリカンでカットしてもらい
つとむのまんまる尻尾は、ねずみのような尻尾に。



これからしばらく、毎日投薬とお尻の消毒です。

老兎つとむの骨はすでに、ちょっとした衝撃でもすぐ折れるほど脆くなっているため
抱っこするときはくれぐれも無理しないで、暴れさせないように、と両親にはおねがいしてありますが
暴れて脊椎骨折、半身麻痺って良くあることだし 毎回ヒヤヒヤ。


今までペットシーツを使っていてもこんなにただれてしまったので、
すごい吸収力と評判の「スーパートイレシーツ」なるものを購入してみた。
犬の介護などでも良く使われているらしい。
皮膚がちょっとは改善してくれるかな

人間で言うと もう森繁久彌級のつとむ。
なるべく健やかに、もうちょっと一緒に生活してほしいと思っています。

c0132048_22295799.jpg

[PR]
by biker-vet | 2010-04-09 22:31 | その他 | Comments(4)

sky trials in Japan 2010

先日3月28日、アトリエファルコノイド主催のSky Trials in Japan 2010が、
埼玉県吉見町で行われました。

3月ももう終わりなのに、どんより雲の昨日は真冬の様な寒さ。
(フライトフェスタ リターンズ…)
そのせいか、例年より少なめのようでしたが、
それでも多くのカメラマン、ギャラリー、ファルコナーが集まりました。

主催の杉崎さんは用事があり残念ながら来られなかったので、
急遽旦那(STOOPER石川)が進行を務めることとなりました。
RCグライダーをやってらっしゃるコンノさんが、何故かメガホンを持っていて(!?)
貸していただけて大変助かりました!
c0132048_22341035.jpg



まずはルアーアタックコンテストから。
1位は南野さん。ルアーパス19回でした!(まだまだ飛べそうな勢いでしたが)
c0132048_22491567.jpg


私とチョウゲンボウのシンはというと、2週間ほど飛ばせなかったものの毎日ジャンプアップで筋トレしていたのが功を奏し
今期最高の5回のルアーパスに成功~



c0132048_2251529.jpg


最後は、エアーキャッチでかっこよくキメるぞ!
とやったこともないのに欲をだしたせいで
シンは見事着地失敗、私の頭上に着地・・・かっこわる!
c0132048_22504058.jpg

まぁ、和み系アイドルのシンらしい有終の美?でした


ハイパースカイトライアルズは、どのハヤブサも悪天候のせいか?
なかなか高度が出ませんでしたが、フライトフェスタでも1位に輝いた藤井さんのハヤブサは見事1位に輝きました。
二冠達成おめでとうございます!
c0132048_2252181.jpg


今回は、競技中に野生のハヤブサ&オオタカが絡んでくるという貴重なシーンもあり、
カメラマンにはたまらない光景だったのでは。
野生のハヤブサは鉄塔からものすごい勢いで近づいてきました。
ヒトがたくさんいるのに 何度も近くに飛んできた様子からすると、相当空腹だったのかな。

藤田さんの愛鳥ジーンも格好良いフライトで 
こっちに向かってきたのは すごい迫力だったな~



参加された方は皆、生き生きとした表情で、ハヤブサとの一体感を魅せてくれました。



今年はフライトフェスタとスカイトライアルズ、両日とも競技に参加しまして
まだまだ頼りないルアーリングに見えたでしょうが、
ある種の信頼や自信がもてるようになったことは、大きな収穫です

すんなり出来ないところにこそファルコンリーの醍醐味があるんだよ。
一筋縄じゃいかないから面白いんだし 
そこを楽しまなかったら勿体無いよね。

そんな話でも懇親会は盛り上がりましたが 本当にそうだと思います。


下手な部分も含めて多くの人に見てもらうこともプラスになったと思うし、
できなかった悔しさから「次こそは!」という気持ちになったり 
逆にうまく出来ればモチベーションも上がってさらにがんばろうという気になったり。

猛禽のトレーニングは、競技の結果ではなく、
周りの皆や鳥と一緒に体得した濃密な時間や新たな発見が 一番の収穫なのでは。


皆様 鳥たちも、おつかれさまでした!

来期でまた会えるのを楽しみに、事故や怪我をしないように 
大切な換羽の時期をお過ごしください(^-^)


【写真提供】猛禽屋藤田さん、藤井さん(ありがとうございました!)
[PR]
by biker-vet | 2010-04-01 22:56 | ファルコンリー(鷹匠) | Comments(6)


ファルコナー(鷹匠)歴約9年。ハヤブサのトレーニング、病気&健康管理のことなどを徒然なるままに。STOOPERのオーダーメイドグローブ・フードも紹介しています。http://www.stooper.jp


by biker-vet

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

タグ

(82)
(75)
(40)
(35)
(32)
(31)
(29)
(28)
(23)
(18)
(14)
(14)
(10)
(9)
(8)
(8)
(4)
(3)

カテゴリ

全体
ファルコンリー(鷹匠)
鳥の病気・メンテナンス
競技会・イベント
猛禽用グローブ・フード
獣医師
アウトドア
旅行
グルメ
その他
wedding
子宮筋腫
ご挨拶
野生動物・リハビリ
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
more...

画像一覧

最新のコメント

イッチーさん ルアーパ..
by biker-vet at 07:51
フライトフェスタ参加で御..
by イッチー at 07:44
Naoさん ルアーパス参..
by biker-vet at 22:37
フライトフェスタ参加予定..
by Nao at 11:16
はじめまして。お返事遅く..
by biker-vet at 23:47
いきなりコメント失礼しま..
by 熊谷瞭佑 at 21:40
永橋さん ありがとうご..
by biker-vet at 19:44
NAOさん 書き込みあ..
by biker-vet at 19:30
マロンでルアーパス、Ha..
by NAO at 14:01
イッチーさん 年末はあ..
by biker-vet at 19:30

外部リンク

お気に入りブログ

増山麗奈の革命鍋!
傷病鳥獣のリハビリテイタ...
エトブン社 絵草紙 <<...
muni origina...
NO FALCONRY,...
yoshie,8min....
Le chemin qu...
【笹山RCグライダークラ...
女性犬ぞりマッシャーの日々
kawasemikoの気...
JRF(Japan RA...
ココロフォト
自転車で 行ってきまーす
catering&cra...

検索

ライフログ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

動物・ペット