<   2009年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

鳥の目には

旅行記はちょっとお休みで・・・


ルーシー先生のブログを読んでたら、鳥について色々と興味深いことが書かれていて
鳥の視覚についても書かれてました。

鳥は、人間が見ることがでいきる赤・青・緑のほか、紫外線(UV)と蛍光色が見えるんだって。
この5色のなかから、組み合わせで4色を見てるそうです へぇー(`O`)

そういえば、チョウゲンボウも
主食であるげっ歯類の尿が反射する紫外線を捕捉し、狩りに役立てているらしい・・
広い草原の中で、ネズミの尿が図のように浮かび上がるのだとか・・・芸術的。

そのほかにも
「雛の口は蛍光色を発する色になっていて、この色が親鳥が餌を吐き戻す、視覚的刺激になっている」
そうです。
生物というのは本当によく出来てるなーとおもいます。


シンたちには、どんな世界が見えているのかな?
c0132048_1314022.jpg

c0132048_13172135.jpg




明日は「傷病野生鳥獣救護の現状と今後の課題」というシンポジウムに参加してみまっす
午前中の「鳥の骨折治療」にも参加します
今日はちょっと教科書をひらこう(@-@)
[PR]
by biker-vet | 2009-09-26 13:03 | ファルコンリー(鷹匠) | Comments(4)

アメリカ旅行記~世界猛禽類センターで出会った猛禽たち②~

世界猛禽類センターの猛禽たち Part2

【ホワイトジアファルコン】
c0132048_18592049.jpg

(Jimとホワイトジア)

ペレグリンファンドのほとんどの禽舎には、猛禽類が遊ぶおもちゃが置いてあった。
猛禽がおもちゃで遊ぶんだぁ。何もないより、ストレス解消になるんだろうなぁ。
c0132048_1901557.jpg

c0132048_1903788.jpg

うちも留守番のときは置いておくほうが良いかもなぁと思いました。
だって、今うちで保護しているチビチョウゲンボウは、帰ってくるといつもペットシーツをビリビリにしてるんです…
部屋中ペットシーツが散乱なんです(--+)

おもちゃの種類は色々で、ホワイトジアのところにはテニスボール、
ほかには、ガラガラのようなものだったり、鳥のぬいぐるみだったり・・・
ハーピーイーグルの禽舎には、餌として利用したニワトリの翼が入れてあった。
これをかじったりしてストレス発散するそうです。


【タイタファルコン】もう一人のツアーコンダクター Jimの愛鳥。
私は初めてタイタファルコンという名前を聞いたけど、かなりレアな鳥らしく
旦那は「おおー!タイタだ!!!」と、大興奮でした
c0132048_191887.jpg



そのほか、大好きなアプロマドや、アカエリクマタカ
前日、ボイジー郊外(Kunaという街の近く)でたくさん見かけたスワインソンズホークともご対面できました。
c0132048_191445.jpg



ちなみに、傷ついた猛禽類の保護、というのは、行っていないようです。
このセンターには獣医師はいない、とのことでした。

病気になったらどうするの?と聞いたところ
「ここの鳥は、予防を第一に心がけているので、大きな問題(病気)は起こらない」とのことでした。
もし、何かあった場合は、ワシントンの猛禽類を見られる獣医師に電話で聞くことが多いとのことでした。

ワシントン州立大学に留学していたルーシー先生(私に英会話を教えてくれている方)の話によると、
良く病気の猛禽が、大学の動物病院に運ばれてくることがあったようです。
アラスカ航空/Horizon Airは、病気の猛禽類を無償で運んでくれたので、
空港に取りに行ったこともあったとか。

もしかしたら 世界猛禽類センターからの要請もあったのかもしれないですね。

**********************

Trishに旦那が作ったフードをプレゼントすると、「Beautiful!!」と予想以上に喜んでくれて、
Jimにも自慢していました
最後、一緒に写真を撮るときも、ちゃんとフードを手に持ってくれて。

私の鳥獣戯画グローブも、「すてき!私もオーダーするわ!」と言ってくれました。
なんだか、すごく嬉しかったです。

言葉の壁についての不安はあったけれど、
違う言葉を話す海の向こうの国にも、同じように猛禽を愛していて、
猛禽を保護していこうという意志を同じくする人がいる、ということは通じたと思います。
そういう意味で、とても有意義だったと思えるツアーでした。

この訪問に際し、手紙や質問文の添削をして頂いた 同じ職場のルーシー先生、
ありがとうございました!
[PR]
by biker-vet | 2009-09-23 19:10 | 旅行 | Comments(4)

アメリカ旅行記~世界猛禽類センターで出会った猛禽たち~

アメリカ旅行記。
まずはアイダホのWorld Center for Birds of Prey
世界猛禽類センターのことから。
c0132048_13313478.jpg


世界猛禽類センターの見学では、
一般の方向けのプログラムのほかに、4時からの「Secret Live of Raptors Tours」参加しました。
c0132048_13265829.jpg

※一般向けプログラムのほうは旦那さんがブログで書いています(-e-)/


「Secret Live of Raptors Tours」は、
猛禽たちの素顔に迫るツアーといったかんじのツアーで、 
禽舎の中まで入らせてもらい、普段の猛禽たちの様子を間近で見たり、
エサを上げたり、詳しく話を聞いたりと、
より濃い体験が出来るツアーでした。


ツアーを案内してくれたのは、Raptor Specialistの Trish。
日本からメールでやり取りをしていた方です。
Trishは、気さくで明るくて優しい女性でした
c0132048_136362.jpg


1時間のツアーのところ、2時間近くツアーをしてくれて、色んな禽舎を回って多くの鳥をみせてくれました。

英語が上手でない私たちにも分かるよう、ゆっくりとわかりやすく話してくれたし、
質問も理解してくれようとしてくれたおかげで、ツアーを心から楽しめました(^^



さてさて、ツアーで出会えたのは こんな猛禽たちでした。


【ハーピーイーグル(オウギワシ)】
c0132048_1317490.jpg

ジャングルに住み、サルやナマケモノを食べている(ひぇぇ・・)
猛禽の中でも最大級。パナマの国鳥らしい。
はじめてみたけど実際おおきい(@o@)
さすがに手には据えさせてもらえなかったけど、餌をあげさせてもらいました。
c0132048_12453186.jpg


頭のてっぺんについている扇は、ジャングル内の植物と似ていて、カモフラージュの役割をしているそう。
c0132048_1246722.jpg

(写真が暗いけど。。かんむりが良く見えるので)


【ダルマワシ】
c0132048_1257826.jpg

44歳と46歳のダルマワシがいました。すごい長寿~
Trish に良く懐いていて、ぎゅっと抱きしめられても身体を預けて気持ちよさそうにしてた。
c0132048_1258341.jpg

頭を撫でられるのが好きなんだって。ほえーーこんなに慣れるとは(`O`)


【アメリカチョウゲンボウ】
私も最近やっとアメチョウのかわいさが分かってきた。
カラフルでちっこいけどちゃんと目つきが猛禽なところがたまらない。
Trishも飼っているらしく、Trishの部屋にちょこんと鎮座していました。
c0132048_130213.jpg



・・・つづきます!
[PR]
by biker-vet | 2009-09-19 13:08 | 旅行 | Comments(9)

wedding party with golden smile

旅行記に入る前に・・・


先週末は大好きな先輩の結婚式でした。
c0132048_7234129.jpg


c0132048_7334493.jpg


ウエディングドレスを身に纏ったはっぴさんは
まぶしすぎて もう… 


今までのおバカな遊びや旅行のことを思い出しつつ

落ち込んだときもいつも笑顔にしてくれたことをあらためて感謝しました


ラグジュアリーかつあたたかな結婚式で
ゆっくりお話とお食事を楽しませていただきました。
c0132048_7241772.jpg



いままでで一番のゴールデンスマイルをありがとうございます
末永くお幸せに !
[PR]
by biker-vet | 2009-09-18 07:30 | wedding | Comments(0)

ただいま~&迷子チョウゲンボウ無事に

ただいま~

アイダホ&モンタナ&イエローストーン旅行から無事帰国しました。

時差ボケのせいか?なんだかへんな時間に眠くなったり、夜中に目が覚めたり
いつも以上に ぼーーーっとしたりします。

モンタナは、乾燥が激しくて 肌もくちびるもカッサカサです(笑)

でも、モンタナには いままでみたことのないくらいの
飲み込まれそうな広い空がひろがっていました。
c0132048_16133472.jpg
c0132048_16134174.jpg


モンタナは「BIG SKY」と言われているそうだけど
それは 実際自分がその空を見上げてはじめて、このことかと圧倒された。

c0132048_16135894.jpg



野生の動物や猛禽にもたくさん出会えたし
巨大な魚とも格闘しました。

c0132048_16294274.jpg


出会った人も みんなとても優しくて 良くしてくれました。


ポリスに捕まったり、
帰りの飛行機チケットが発券されなくて危うく帰れないところだったり…

色々あったけどそれも良い思い出に。



食べ物だけは、やっぱり日本が一番です、はい。
かえってきて即、とんかつやにいきました(笑)
c0132048_16182641.jpg



これから何回かにわけて、今回の旅のことを書き連ねていこうと思ってます。




*****************

それから 

先日情報提供しました、多摩市の野外で発見された迷子のチョウゲンボウが
無事飼い主さんのもとに戻ることができたとの連絡がありました。

飼い主さんの家から8.5kmほどはなれた場所で、保護されたようです。

目撃した方たちからの情報によると
野生のチョウゲンボウとつるみながら、弱ったセミを捕まえて食べていたり
人にエサをねだったりもしつつ
約一ヶ月間 野外生活をたくましく生き抜いたようです。

こういうことってあるんですね~

体重は、180gだったのが帰宅時には210gくらいまで増えていたとのこと。
逞しいチョウゲンボウだったようで、無事で良かったです
[PR]
by biker-vet | 2009-09-13 16:33 | 旅行 | Comments(0)


ファルコナー(鷹匠)歴約9年。ハヤブサのトレーニング、病気&健康管理のことなどを徒然なるままに。STOOPERのオーダーメイドグローブ・フードも紹介しています。http://www.stooper.jp


by biker-vet

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

タグ

(82)
(75)
(40)
(35)
(32)
(31)
(29)
(28)
(23)
(18)
(14)
(14)
(10)
(9)
(8)
(8)
(4)
(4)
(1)

カテゴリ

全体
ファルコンリー(鷹匠)
鳥の病気・メンテナンス
競技会・イベント
猛禽用グローブ・フード
獣医師
アウトドア
旅行
グルメ
その他
wedding
子宮筋腫
ご挨拶
野生動物・リハビリ
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
more...

画像一覧

最新のコメント

イッチーさん ルアーパ..
by biker-vet at 07:51
フライトフェスタ参加で御..
by イッチー at 07:44
Naoさん ルアーパス参..
by biker-vet at 22:37
フライトフェスタ参加予定..
by Nao at 11:16
はじめまして。お返事遅く..
by biker-vet at 23:47
いきなりコメント失礼しま..
by 熊谷瞭佑 at 21:40
永橋さん ありがとうご..
by biker-vet at 19:44
NAOさん 書き込みあ..
by biker-vet at 19:30
マロンでルアーパス、Ha..
by NAO at 14:01
イッチーさん 年末はあ..
by biker-vet at 19:30

外部リンク

お気に入りブログ

増山麗奈の革命鍋!
傷病鳥獣のリハビリテイタ...
エトブン社 絵草紙 <<...
muni origina...
NO FALCONRY,...
yoshie,8min....
Le chemin qu...
【笹山RCグライダークラ...
女性犬ぞりマッシャーの日々
kawasemikoの気...
JRF(Japan RA...
ココロフォト
自転車で 行ってきまーす
catering&cra...

検索

ライフログ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

動物・ペット