野生鳥獣保護ボランティア と「心が救われる医療」

先日、
埼玉県の野生鳥獣保護ボランティアに正式に認定されました(^-^)v

c0132048_18172396.jpg



野生動物を飼育することは法律で禁じられているので
傷病野生鳥獣を自宅で保護するには、ボランティアとして登録することが必要なんです。

私の県の場合は、申請書の記入と、それから自宅への訪問
(保護・飼育に適した環境かどうか、県職員がチェックしにくる)
がありました。

広い庭があるわけじゃないので、申請が通るかちょっと心配だったけど、
無事審査も通って、認定書をいただけました(^0^)



埼玉県以外の都道府県にも、こうしたボランティアの制度があります。
一定期間の研修が必要な県もあるようです。


野生動物保護施設には、次から次へと野生動物が運び込まれます。
しかし同時に、施設には、
「以前に保護されたものの、野生復帰が難しいと判断され、終生飼育となった野生動物」
も、保護されています。

獣医師やスタッフは、多くの動物たちの治療やリハビリを行っていかなければいけません。
同時に、終生飼育となった野生動物の日々の世話もしなければならないとなると、
時間は必然的に足りなくなるのです。


こうした、治療を必要としない終生飼育の野生動物は、
ボランティアの家で最後まで飼育してもらうのが一番なのでは と思うんです。

そのほうが、獣医師やスタッフの負担は減るし、
野生動物のQOL(クオリティ・オブ・ライフ=生活の質)の向上につながるのでは・・・。



ミャンマーで小児医療を無償で行う吉岡秀人医師が言っていました。


目指す医療は、
『たとえ死んでも 心が救われている医療』だと。

「生まれてきてよかった、生まれてくる価値があった」 と思える医療・・・
それは、一つには、
「大切にされること」

「大切にされるだけで、どんな障害があっても、自分は価値があると思える。」



人間に限らず、動物も同じだと思うんです。

野生動物は、そりゃ、「自分は生まれてくる価値があったのか」なんて
考えたりしないんでしょうけど。。。


多くの人がこの 野生動物ボランティアに登録してくれたらといいなぁ、と思います。
猛禽類を飼育している方は特に、専門的知識と技術をお持ちだし
そうした協力が、より良い医療や、野生復帰率の向上をもたらしてくれるんじゃないかな。



今飼っている猛禽たちが「生きてて良かった」と思ってるか?
つねに自問自答だけど、
QOL向上目指していこう と思います。

c0132048_17581387.jpg

(最近バタバタ&キーキー鳴くことの多いシン坊ちゃん。なぜだ・・・)

**************************

JRFブログで「傷ついた猛禽を保護するにはどうしたら良いか」について書きました(^0^)
「傷ついた猛禽類の保護(捕獲・輸送)」

c0132048_17505017.jpg

[PR]
by biker-vet | 2009-08-08 17:52 | Comments(4)
Commented by ひろ at 2009-08-11 00:11 x
すげー(≧∇≦)
勉強になった!
捕獲?保護?の仕方☆
うちの彼も猛禽類に魅力を感じてるし、広~い庭があるからボランティアいいかもね☆
Commented by biker-vet at 2009-08-11 21:40
ひろちゃん
広い庭があるなんてうらやましいわ!
野生動物は、ペットとしてじゃなくあくまで野生動物として接しなくてはいけないって難しさがあるけどね。
ひろちゃんは犬好きだから、捨て犬の里親が見つかるまでの保護とか?そういうのも良いかもよ(^^
私たちの動物好きは、おじーちゃんの血かもね!笑
Commented by 熊谷瞭佑 at 2016-05-09 21:40 x
いきなりコメント失礼します。
今日ケガをしたカラスを保護しました。
ですが、これからどうすれば良いかわからず困っていて、どこか保護して治療してもらえる場所を探しています。
相談に乗っていただけませんか⁇
Commented by biker-vet at 2016-05-09 23:47
はじめまして。お返事遅くなりごめんなさい。カラスを保護されたのですね。

傷の具合や、成鳥か幼鳥かがわかりませんが、羽毛を膨らませてうずくまるようにしているのであれば具合が良くないと考えられます。まずは今晩一晩、ダンボールなどに入れしっかりと保温し、応急処置をしてから明日、動物病院(野鳥救護施設に指定されているところがあります)や保護センターなどに連れて行ってあげてほしいと思います。
詳しいことは、メールアドレスを教えて頂ければお知らせできます。このコメント欄に非公開コメントでメールアドレスを書き込んで頂けたら、他の人は見られませんので大丈夫です。


ファルコナー(鷹匠)歴約9年。ハヤブサのトレーニング、病気&健康管理のことなどを徒然なるままに。STOOPERのオーダーメイドグローブ・フードも紹介しています。http://www.stooper.jp


by biker-vet

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

タグ

(82)
(75)
(40)
(35)
(32)
(31)
(29)
(28)
(23)
(18)
(14)
(14)
(10)
(9)
(8)
(8)
(4)
(4)
(1)

カテゴリ

全体
ファルコンリー(鷹匠)
鳥の病気・メンテナンス
競技会・イベント
猛禽用グローブ・フード
獣医師
アウトドア
旅行
グルメ
その他
wedding
子宮筋腫
ご挨拶
野生動物・リハビリ
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
more...

画像一覧

最新のコメント

イッチーさん ルアーパ..
by biker-vet at 07:51
フライトフェスタ参加で御..
by イッチー at 07:44
Naoさん ルアーパス参..
by biker-vet at 22:37
フライトフェスタ参加予定..
by Nao at 11:16
はじめまして。お返事遅く..
by biker-vet at 23:47
いきなりコメント失礼しま..
by 熊谷瞭佑 at 21:40
永橋さん ありがとうご..
by biker-vet at 19:44
NAOさん 書き込みあ..
by biker-vet at 19:30
マロンでルアーパス、Ha..
by NAO at 14:01
イッチーさん 年末はあ..
by biker-vet at 19:30

外部リンク

お気に入りブログ

増山麗奈の革命鍋!
傷病鳥獣のリハビリテイタ...
エトブン社 絵草紙 <<...
muni origina...
NO FALCONRY,...
yoshie,8min....
Le chemin qu...
【笹山RCグライダークラ...
女性犬ぞりマッシャーの日々
kawasemikoの気...
JRF(Japan RA...
ココロフォト
自転車で 行ってきまーす
catering&cra...

検索

ライフログ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

動物・ペット